topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

趣味もここまでくれば・・ - 2011.10.30 Sun

先日、バイク好きの取引業者のOさんが仕事の打合せで来社していた。
「バイクには今も乗っとるん?」と聞くと、「うん乗っとるよ、明日ちょっと大山まで行ってくる」
と、まるで散歩にでも行くような口振りで答えた。
大山っていえば片道250kmはある。車でも疲れる距離でバイクでは到底無理と思ってしまうが、
Oさんにとっては、まさに散歩がてらの距離なのである。
今年の夏には、なんとバイクで佐渡島へも行ったというからそれも頷ける。
東京まで行って仲間と合流して新潟まで行きフェリーで佐渡島へ渡ったそうだ。
片道2000kmくらいあるんじゃないかな?!!
行き帰りの日数を含め2週間くらいの行程らしいが、驚くことに東京以外はテントを張って野宿らしい。
更に、北海道へは6回もバイクで行ったという!北海道って飛行機以外では行けない場所だと思っている私には
考えられないことだが、バイクが好きだからこそできるのだろうと思った。

ここまで読んだ人の中には、若いときは何でも経験することが大切・・みたいに思われる方もいると思うが、
驚くことにOさんは私より一回り以上年上で60代後半の年齢である。

Oさんに、今度バイクを見に行くよ、と言っていたこともあり、今日仕事の用事もあってOさん宅へ行ってきた。
ガレージには所狭しとバイクが並んでいた。確か8台あると言っていたのに数えると9台ある。
自分でも台数を忘れているようだ(笑
一番の自慢のバイクは、ドゥカティ900SS

DUCATI900SS.jpg

既に30年以上前のバイクだが、レストアして今も走れるらしい。
こんな古いバイク・・・価値のわからない人にはただの鉄くずなのだが、このバイクにつぎ込んだお金は、
国産高級自動車並の金額だ。当時はサーキットを走るレーサーバイクで、そのまま市販車となっている。
このバイクに乗って、鈴鹿サーキットへ走りに行ったこともあるとか・・

ハーレー BM

その横にはハーレーとBMがあった。
このハーレーにもかなり金をつぎ込んだという。
ピカピカのパーツの殆どは、後からつけたものらしい。
BMは長距離ツーリングの相棒らしい。高速ツーリングは全く疲れず、最高にいいバイクだと絶賛していた。

べスパ・BM・CB・刀

ガレージ奥には、べスパとBMとホンダCBXとスズキカタナ1100があった。
べスパは初期モデルで、混合ガソリンで走るらしい。だから、常にオイルを入れた栄養ドリンクの瓶を携帯し
なくてはならないらしい。ガソリンスタンドでガソリンを入れると、燃料タンクにオイルを入れるらしいが、
栄養ドリンクの瓶でオイルを入れるのをスタンドのスタッフが見て「何を入れるのですか?!」といつも
驚かれるので、「このバイクは栄養ドリンクを飲まさんと元気にならんのんじゃ」と言うらしい。
混合ガソリンなるものを知らない世代の人は、ガソリンスタンドのスタッフといえども驚くらしく、
その言葉を間にうけて唖然とする人もいるそうだ(笑
隣のBMもかなり古そうである。水平対向エンジンは、私もかつて若い頃に憧れた。
CBXは6気等エンジンという今では珍しいもの。
これも30年位前のバイクらしいが、当時はバイク全盛期の時代でリッターバイクが出始めたころだった。
ラインナップも多く、こうした自動車のように6気等エンジンを積んだバイクもあった。
そして、その隣のカタナ1100も名車だ。国内販売されたのは750ccまでで、これは逆輸入車だ。
この4台のバイクを見ていると、古き良きバイク時代を思い出す。

モトグッチィ マジェスタ

残りの2台は、モトグッチィとヤマハマジェスタ。
マジェスタが最も最近のバイクといえるが、Oさんにとってこれはバイクの部類ではないのではないかと思う。
だから9台ではなく8台と答えたのだろう。
モトグッチィは、あまり見かけないバイクである。V型シャフトドライブという珍しい形式。
とても乗りにくいらしい。それなのによく乗るとか・・・
振動がとても大きく、そのためかウィンカー類は全て金属疲労で折れていた。
それを補強板をいれてビニールテープでぐるぐる巻きにして固定していた。
そこまでして乗らなくても・・・と思うが、それは他人の理解を超える部分である。

バイクにかけたお金は、家が充分建てられるだけの金額だとか・・・
そのうえ、突然バイクに乗って2週間ほど出かけるのわけで、奥様の理解と寛容さが想像できる。
私なんか、まだまだ序の口とほっとした(笑

しかし、生涯を通して楽しめる趣味を持ち続けるって、素晴らしいし、幸せなことだなぁとつくずく思った。
私の場合、飽きやすいので長続きしない。それはそれで多趣味というプラスの面はあるが、何かに没頭する
度にお金もかかるのが問題。何か一つでも誰にも負けないもの、そんなものを持つことも大切だと通関した
一日だった。

スポンサーサイト

● COMMENT ●

バイクを手放さずに大事に保管してある事が好きの証ですね!自分が60を過ぎた時にバイクに乗っていれば、真のバイク好きと言えるのかもしれません。

私の場合は、頑張ってもあと10年くらいしかのれそうにない。
とすると極められない??
まぁ、期間も大切だけれど、中身も大切。
短い期間でも中身を大切に続けていきたいものです。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://yumemio.blog.fc2.com/tb.php/87-a562f287
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「もったいない」の科学 «  | BLOG TOP |  » オリジナルウェア完成!・・・しかし・・

プロフィール

tsutsui-s

Author:tsutsui-s
広島県在住。
複数の会社と店舗施設を経営。自分に出来ないことはない、という自信過剰ぎみの精神力を糧に、新しいものに挑戦し続ける中年です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
季節 (18)
プライベート (67)
震災と復興 (5)
ブログについて (9)
モノローグ (130)
バイク (63)
エッセイ (35)
仕事 (16)
趣味 (4)
妻の闘病記 (11)
政治・経済 (11)
家族 (5)
禁煙物語 (7)
入院日誌 (13)
自然災害 (1)
スポーツ (4)
カープ (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。