topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頭を悩ますこと - 2011.09.20 Tue

最近テレビ番組が兎に角つまらなくて殆どテレビを見ない。
テレビというメディアも衛星放送やインターネットなどにシェアを奪われて、
今は不況業種の一つのようで、スポンサーがつかず、結果番組制作費がかけられないため、
制作費のかからないバラエティ番組ばかりになっている。
バラエティ番組では多くのタレントが出るから、出演料がそうとうかかるだろう・・・と
思われるがそうではない。一流タレント以外は出演ギャラはビックリするくらい安いものだ。

そんななかで、NHKはいい番組が多い。バラエティ番組は殆どなくてNHKスペシャルに代表される
ドキュメンタリー番組はどれも見ごたえがある。受信料を支払うことが悔しくない番組つくりに
好感が持てる。最近はコズミックフロントやサイエンスゼロなど科学番組系も面白い。

コズミックフロントは宇宙をテーマにした番組であるが、私が昔から悩んでいる宇宙の謎に
ついては番組をじっくり見てもなかなかすっきりはできない。
宇宙望遠鏡ハッブルの改良によって131億光年前の天体、つまり宇宙が誕生して間もない世界の
光を捉えることも可能になり、宇宙の全体像も解明されつつあるが、そのためには大きな壁がある。
それは、いわずもがな時間の壁だ。時間というのは「物質」や「量」として捉えることがなかなか
難しく、見ることも触ることもできないから頭を混乱させる。
しかし、時間の概念を超えた考え方を脳みそがしなくては、宇宙そのものを理解できない。

誰もが最初にぶつかる壁は「宇宙の果て」だろう。
宇宙に果てはあるか?という疑問は、「ある」というのが答えだ。
誕生したものには最初があり、スタート地点があり、終わりがある。だから、果てはある。
その次の疑問は、宇宙の果ての向こう側がしどうなっているか?だろう。
これは、「無い」といえる。なんだか誤魔化した言い方だなぁ~、と思われるかもしれないが、
「無い」という言い方が正しいのではないかと思う。
仏教で言うところの「無」というのは、何もないこと、それは物質だけでなくて時間も存在しないこと
である。その「無」である。時間がなければ、「考える」という行為そのものが意味のないことである。

では、果てには何があるのか?実は、これもあまり意味のある考察ではない。
131億光年の先は宇宙誕生の世界があるのだろう。それが果てといえるかもしれない。
そうなると、宇宙の果ては宇宙創生であり、宇宙誕生の前の世界、つまり「無」であるということだ。
私たちは空間というものを、3次元でしか考えることができない。そのためにこの宇宙空間を頭の中で
想像し描くことはできない。どんな形?と考えた瞬間、それは3次元的な思考で間違いだといえるからだ。

私の悩みは、なんとかそうしたことは理解できクリアできている・・・と思っている。
理解できないのは、宇宙の存在そのものだ。1億光年先にある星は1億年前の姿を見せているが、その星
から地球を観測してもやはり1億年過去であり、われわれ人類は居ない。
それは単に、お互いに光の残像を見ているからだけだ、と考えられるが、ではこの二つの存在を同時に
観察することも、観測することも不可能であり、実態そのものを証明する術はない。

ようするに、全ては捉われた世界の中にあるということだ。過去と未来が混在する中で現在を感じて生きている。
多くの矛盾がたちはだかり、頭を混乱させる。137億年前のビックバンという現象も、137億年という時間を
超越して同時にこの世界にあるのではないか?と思われる。しかし、ビッグバンという定説がどうも納得
いかないのだ。むしろその逆で、何もない無の世界に物質が生まれ(時間が生まれ)、その時間がどんどん
広がったことで宇宙という広大な世界が生まれ、いずれ一つの点に収束されてしまう。
つまり、ビックバンと逆の現象がおきて、膨張宇宙ではなく収縮宇宙であり、我々は未来から過去への
旅の途中にあるのではないか?つまり、未来というのも既に存在しており、それもやはり「無」である。

言葉にすると奇妙な言い回しで、やはり伝えきれない苛立ちを覚えるだけであるが、宇宙観というものが
どういうものか?悩まされ続けてきた感覚に、なんとか納得させられる仮説が欲しいといつも思う。
実は、簡単な答えがあるのだろうけれども、それを理解する脳が人間にはないのだろうと思う。
肉体を宿した瞬間から、私たちは自分の頭でしか物事を考えられない。
ある意味、それはとても不憫なことなのだろうと、いつも思う。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://yumemio.blog.fc2.com/tb.php/78-5cdb6f63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

酔っ払い «  | BLOG TOP |  » 夢のつづき ~ 書くこと・描くこと

プロフィール

tsutsui-s

Author:tsutsui-s
広島県在住。
複数の会社と店舗施設を経営。自分に出来ないことはない、という自信過剰ぎみの精神力を糧に、新しいものに挑戦し続ける中年です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
季節 (18)
プライベート (67)
震災と復興 (5)
ブログについて (9)
モノローグ (130)
バイク (63)
エッセイ (35)
仕事 (16)
趣味 (4)
妻の闘病記 (11)
政治・経済 (11)
家族 (5)
禁煙物語 (7)
入院日誌 (13)
自然災害 (1)
スポーツ (4)
カープ (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。