topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

N社のIさん - 2011.08.31 Wed

今日の午後、会社に「筒井社長さんいらっしゃいますか」と訪れた人がいた。
受付た事務職の女性も初めて見る顔らしく、いぶかしそうな顔つきで私のところへ来て、
「Iさんという人が来られましたが・・」と言う。私も、その名前を聞いて誰だか頭に
描けなかったが、とりあえず会うことにした。

玄関へ出るとその人が「社長、ご無沙汰しています」と親しそうに挨拶をするので、
つい私も「あぁ~ご無沙汰しています」と答えてしまった。
実のところ、その時点で私はその人が誰であるか全くわからなかった(汗
ただ、どこかで見たことがある、それだけは分かった。

相手がはっきりこちらのことを知っていて、こちらが相手のことをさっぱりわからない状況、
これって、私の場合度々あるのですが、とても辛いものです。
ちゃんとした身なりであったため、昔なんらかの取引があった方だろうが、失礼があっても
ならないので、とりあえず応接に案内した。
Iさんは親しそうに私に話しかけてくるが、正直私には違和感があった。
私は探るように、「その後どうされているのですか?」と曖昧な質問をすると、
「いやぁ、もう建築は不景気だから定年を期に引退して、今は通信関連の仕事をしてるんです」
と言う。その時点で、N社のIさんだろうな・・となんとなく思い出した。
ただ、N社とは2~3回ほどしか取引がなく、それも今から20年ほど前のことで、Iさんとも
数回しか会ったことはないはずだ。
そんな人が親しそうに尋ねてくるとなるときというのは、大抵何か目的があるはずだ。
***今の仕事の営業か、転職を考えていて就職希望か、或いは自分の身内の職探し****
大抵そうした目的があるものだ。

世間話や建築業界の雑談を少ししながら、Iさんが何を言い出すか私は待っていた。
ところが、何も頼みごとらしきことを言い出さないし、鞄の中から資料など出す振りもない。
20分くらい話した後、「社長、改めて名刺をいただけませんか」と言い自分の今の名刺を差し出した。
そして、「今日は突然に済みませんでした、このあたりを通っていたら社長の顔を思い出し、訪問
させていただきました」と言って帰っていった。

N社のIさん・・・本当にただなんとなくなんだろうな・・・20年ぶりに・・・
偶然町で会ったのならまだしも、わざわざ来訪するなんて、未だに不思議でならない。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://yumemio.blog.fc2.com/tb.php/72-8a7e506b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

I市のF君 «  | BLOG TOP |  » 読書の秋

プロフィール

tsutsui-s

Author:tsutsui-s
広島県在住。
複数の会社と店舗施設を経営。自分に出来ないことはない、という自信過剰ぎみの精神力を糧に、新しいものに挑戦し続ける中年です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
季節 (18)
プライベート (67)
震災と復興 (5)
ブログについて (9)
モノローグ (130)
バイク (63)
エッセイ (35)
仕事 (16)
趣味 (4)
妻の闘病記 (11)
政治・経済 (11)
家族 (5)
禁煙物語 (7)
入院日誌 (13)
自然災害 (1)
スポーツ (4)
カープ (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。