topimage

2017-07

バーチャルシティ2-夢分析 - 2011.08.24 Wed

今朝の夢をじっくりと振り返り、現実との関連性を探していくと、多くの発見があった。
ちなみに、読まれる方はこれ以降あまり真剣に読まないで下さい。真剣に読むとくだらないと
思われます。或いはとてもバカバカしいと思うかもしれません。

さて、いよいよ夢分析ですが、その前に夢でいつも不思議に思うことが一つあります。
それは時間軸です。たとえば、子供の頃の夢などを見るとき、周りの人物もみなその当時
の様相で若いし、今は亡き人も普通に生きた状態で登場する。そのことになんら疑問を感じない。
自分自身が子供であることすら不思議に思わないのである。
この時間を越えた脳の働きがどうも理解しがたいのです。

つまり、「記憶」というものが夢の中ではそれぞれの引き出しに入っているだけで、それを出
した際に現実とはリンクせず、固有の情報としてのみ存在するのではないか?と思われます。
例えば、子供の頃の写真を見ると、それは色褪せていて他人が見てもこれは過去であることを
想像させるが、写真がデータであれば、PC画面に表示されたものから過去や現在を現す情報は
なく、何十年たっても生き生きとした情報として表示される。
つまり「記憶」というのはPCでの記憶と同様のものではないか?と思われるのです。
脳細胞に刻まれた記憶は、現実を無視すればそれはいつでも生々しく現実味を帯びているのかも
しれません。更に、夢ではそうした時間軸を無視した出来事や人物が同時に発生もしますが、
それは時間を越えた記憶のカケラが折重なりストーリーをつくりあげているものと考えられます。

そうした前提で夢分析を始めると、最初に登場した少年が自分であることも説明がつきます。
と、なると少年Bと少女Cは私の同級生か同年齢の人物ということになります。
少年Bが誰であるかは直ぐに思い当たりました。私は友人や知人としての感情が全くわかなかった
ことから、親しい人物ではないと思っていました。同年代で背が低く、大したこともしていない
のに罪を背負ってこの世界を自ら去る・・・。と言えばもうお分かりですよね?島田紳助です(笑)
昨晩の引退記者会見がかなり頭に残っていました。55歳という年齢も昨日知って、同年代なんだ・・
もし自分だったらどんな決断しただろうな・・・と思ったので年齢もはっきり記憶していました。

次に、少女Cですが、同年代の無口な女性・・・これは正直誰を示唆しているのかわかりません。
今から現れる女性でしょうか??楽しみ(笑)
そして刑務所内のレアアース再生工場、これははっきりと理由づけができます。しかも素晴らしい
事実に気付きました。それはなぜか?というと。
一昨日の新聞にこんな記事がありました。需要の高まるレアアースの確保に頭を悩ます国は、
使用されているレアアースを取り出せば、年間93億円分の価値になると試算する。といった内容
の記事でした。携帯電話やゲーム機、パソコンや家電製品など全てのものから使われているレアアース
を再使用すれば、との仮定の話しではあるが、なかなか興味深い。しかし、私はそのとき考えた。
日本中の全てのそうした電子機器となると膨大な量で、それを分解して仕分けしていくだけで膨大な
人件費がかかり、とても93億円では採算が合わないだろう。人件費の安い海外に発注すれば人件費
の上では採算が取れるかもしれないが、運搬費が膨大になりやはり採算はあわないだろう。
つまり、日本国内で安い賃金で取組むしか方法がない。ようするに93億円というのは机上の空論だ。
そう思っていた。しかし、なんとそれを現実化する方法を夢の中で生み出したのです!!
最低賃金の設定が不要な刑務作業でその作業を行えば、これは現実性を帯びてきます!
我ながら、この夢の組み立てに感動しました。

次に刑務所内が何故快適な生活空間なのか?これについては、まだ現実とのリンクが不明です。
ここは大きなポイントになりそうなので、なんとか突き止めたいものです(笑

次に刑務所内で売っていた大きな海老。これは直ぐにわかりました。
ここ最近、殆ど毎日のように食卓に海老が出てきました。それも小さな海老ばかりです・・・
私は海老が大好きですが、大きさに不満があったのかもしれません(笑
そして財布の中身が46000円っていうのも、今朝確認したら間違いなくその金額でした。
昨日、なんとなく残高を計算していたので、その記憶が残っていたのでしょう。

そして赤いバイク。これは当社女性スタッフが400ccの赤と白のボディーカラーのバイクを買った
という情報を聞いていたのですが、今だ見ておらず、どんなバイクか少し気になっていました。
きっと、そのバイクを想像したのでしょう。

と考えていくと、全て現実と繋がっていきます。
しかし、芸能人+新聞記事+食卓のおかず+スタッフのバイク+財布の中身、の組み合わせはどれも全く
関連性がなく、どうしてそんな組み合わせなのか?不思議なものです。
しかし、そうした別々の要素を一つにしてちゃんとストーリーを作り出すことができる夢って素晴らしい!
と改めて感動しました。皆さんも、一度自分の夢分析してみませんか?

最後まで読んでしまった方、バカバカしい話に付き合っていただきありがとうございました。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://yumemio.blog.fc2.com/tb.php/69-432f73be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

田舎の時代がやってくる «  | BLOG TOP |  » バーチャルシティ2 (夢の分析)

プロフィール

tsutsui-s

Author:tsutsui-s
広島県在住。
複数の会社と店舗施設を経営。自分に出来ないことはない、という自信過剰ぎみの精神力を糧に、新しいものに挑戦し続ける中年です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
季節 (18)
プライベート (65)
震災と復興 (5)
ブログについて (8)
モノローグ (127)
バイク (63)
エッセイ (35)
仕事 (16)
趣味 (4)
妻の闘病記 (11)
政治・経済 (11)
家族 (4)
禁煙物語 (7)
入院日誌 (13)
自然災害 (1)
スポーツ (4)
カープ (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR