topimage

2017-07

球児たちの、そして私の暑い夏 - 2011.08.21 Sun

夏の野球といえば高校野球だが、もう一つの全国野球大会が現在開催されている。
全国離島交流中学生野球大会、通称「離島甲子園」と呼ばれる野球大会だ。
今年の開催地は、我故郷の上島町で全国19校が集まっての大きな大会である。

今回、どこかで観戦に行こうと思っていたが、予定がつまり行けなかった。
日々、ホームページにアップされる試合結果を見ながら、ちょっと興奮気味になってきた。
興奮の原因は、なんと上島町の選抜チームKAMIJIMAが一昨年の優勝チーム壱岐市に勝って
決勝戦にコマをすすめたからだ。
本日、朝9時から決勝戦の予定だが、生憎の雨・・・
どうなったのだろうか?とネットで調べるが、経過も結果もわからない。
こういう時はツィッターが役に立つと思い、検索をしたら、試合は開始されたものの、
雨が酷くなり中断し、最終的には試合続行不能ということで、両者優勝ということになったようだ。
ちょっと、微妙な結果で残念だが、優勝は優勝! 選抜KMIJIMAチーム、おめでとう!

実は、私は地元球団がある広島に住んでいても、野球には興味が全くない。
広島新球場は会社の直ぐ近くで歩いていける場所にある。
それなのに、今だに球場へ行ったことがない珍しい人間だ。
だから、高校野球も見ないわけだが、では今回の離島甲子園に関してなぜ興味を持つか?というと、
もちろん今年は上島町で開催されるということが大きな理由ではあるが、もう一つの思いがあるからだ。

ネットでいろいろ調べると、離島というのは人口が少ないうえ、子供が少ないことで野球チームを
結成するのはかなり難しい。上島町もその例外に漏れず、弓削中学校では部員数3名というの記事を
発見した。部員数3名の野球部??普通では考えられない。本大会では、岩城中との選抜チームなので
大会参加も可能なわけだが、普段どういう練習方法をしているのだろう?こんなチームでまともに
戦えるのか?多くの疑問があった。弓削中では、3名のうち2名が3年生であることから、この秋で
休部となるらしい。そんな弱小チームだからこそ、頑張って欲しいと願った。

今から42年前、私は弓削中学校へ入学することとなった。
内気で大人しくスポーツが全く苦手な小学生だった。一番嫌いな学校行事は運動会やマラソン大会だった。
いつも、ドベを走ることがかっこ悪く屈辱的だった。そのころの生活環境の理由もあり、外で活発に遊ぶ
子供ではなく、家にこもって一人で遊ぶ少年だった。そうしたこともあり、スポーツが大の苦手で
興味などさらさらなかった。
そんな少年が中学に進学して、殆どの人がスポーツクラブに入部していくなか、私にはその選択肢はまったく
なかった。当時、野球部は中学校のグランドが狭かったため、小学校のグランドを借りて練習をしていた。
だから、小学校時代野球部の練習をいつも見ていた。まるで違う世界がそこにはあった。
憧憬や羨望、決して自分が生きれない世界・・・野球は内気な少年の目には別世界だった。

さて、当然ながら帰宅部を選択するはずなのだが、私の心境に何が起きたのか?私は野球部入部を申し入れた。
私にとっては清水の舞台から飛び降りるに相応しい決断である。野球のやの字も知らない、ルールも知らない、
一度もやったことはない、グローブもバットも持っていない、マラソンはいつもドベを走っている・・・
そんな人間が、野球部なんてありえない!が、私は何を思ったか野球部へ入った。

当然ながら玉拾いの日々だが、小学生の頃憧れていたグランドに立てること、眩しかったユニフォームを
着れること、苦しいなかにも有り余る喜びがあったように思う。
私の人生の中で、決断と自己実現という意味において、これが最初の出来事だったと思う。
当時は何十人も部員がいて、練習などさせてもらえなかったが、そこに所属しているだけで嬉しかった。

その後、中学に赴任してきたスポーツマンの先生がいて、当時はなかった陸上部を作るということで、
私がその部員に抜擢され、野球部を退部して陸士部を立ち上げることになった。
毎日、グランドを走り、島内を走り、高飛び、三段跳び、砲丸投げ、などの種目をこなし、スポーツ駄目
人間はスポーツ少年へと変貌していった。そして、中学2年で弓削中学代表選手として駅伝の郡大会を
走ることとなった。わずか1年ちょっとで、マラソンでドベほ走っていた少年はトップを走ることとなったのだ。

今、思うに中学入学した際に、もし安易な帰宅部を選択していたら、今の自分の人生そのものも違った
ものになっていただろう・・・そんなことを思う。決断すること、乗り越えること、自己実現すること、
夢を叶える事、弓削中学校野球部で、私は人生の大切なことを沢山学んだと、今尚信じている。
その野球部が部員3名であるにも関わらず、離島甲子園で優勝なんて聞くと、これはただ事じゃない。
言ってみれば、私の後輩球児たちだ!嬉しいことだ!
この功績から、今秋休部になってもきっと来春には多くの入部があり、きっと復活するに違いない。
そう信じている。頑張れ、弓削中学校野球部!
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://yumemio.blog.fc2.com/tb.php/66-6b6b95a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

壮大な夢 «  | BLOG TOP |  » IT革命がもたらしたもの

プロフィール

tsutsui-s

Author:tsutsui-s
広島県在住。
複数の会社と店舗施設を経営。自分に出来ないことはない、という自信過剰ぎみの精神力を糧に、新しいものに挑戦し続ける中年です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
季節 (18)
プライベート (65)
震災と復興 (5)
ブログについて (9)
モノローグ (128)
バイク (63)
エッセイ (35)
仕事 (16)
趣味 (4)
妻の闘病記 (11)
政治・経済 (11)
家族 (4)
禁煙物語 (7)
入院日誌 (13)
自然災害 (1)
スポーツ (4)
カープ (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR