topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色即是空 - 2011.06.27 Mon

JIN-仁が最終回だった。テレビドラマを真剣に見たのは久しぶりだ。
私はドラマのストーリーそのものではなく、人が未来にどう思いを馳せ、そして過去から
或いは自分が生まれる前の歴史から、どんな思いを受け継いで生きていくのか?そんな
心の動きを自分に置き換えて考えながら見ていた。

私たちは自分の選択が人の人生そのものを変えたり、或いはその逆に人の選択や言動が
自分の人生を大きく変えることがあることを経験的に知っている。
そうした出来事の全てが折重なって、現世があり人生がある。

しかし、それはとても奇跡的であり不安定なエネルギーで存在しているといえる。
もし・・あのとき・・という仮説は、そうならなかったから言えることだが、その「もし」
の可能性は無限に存在し、全ての事象は1/無限の確率で成り立っている、ともいえる。
そもそも、時間というのは途切れなく続いているかに思えるが、多分それは間違った概念
であり、時間は砂時計の砂のように、小さなものの集合体である。
0ではないが、1/無限の瞬間の積み重ねであり、私たちは瞬間から瞬間へと渡り歩くが、
それが「もし」の仮説によっていくつかの世界が同時に実行される。
しかし私たちが生きる世界は一つだけだ。
殆ど変わらないが、少し違う世界が無数に作られ、過去にも作られた無数の世界は別次元で
別の時間を刻んでいる。つまり並行世界(パラレルワールド)が存在するということだ。

そう考えるのはおかしいだろうか?こうした考え方は実は、中学生の頃から持っていた。
天体観測をしていたころ、宇宙の概念を頭で理解しようと必死になった時期がある。
頭がおかしくなるのではないか?と思うくらいに考えた時期がある。
そこで出会った本が相対性理論だった。中学生の私に理解できる本ではなかったが、
理論を簡単に書いた本に出会い、それを何度も読んだ。
そして分かったことは、宇宙は無限ではなく有限であること、つまり宇宙そのものが観念であり、
とらわれた世界であること、つまり仏教で言うところの「色即是空」であるということ。
物質や事象が存在したかに思えるのは、全て時間が生み出したものであり、時間を越えた世界
には、ある意味何もないともいえる。
過去も未来も現在も、ある意味あってない世界。積み重ねの結果であり選択の結果である。

物理学的、量子力学的にもパラレルワールドがあるとする学説がある。
かいつまんで知識を得ながら、自分の中で宇宙観や人生観を概念的に形作れるようになった。
何かの答えを掴まなくては、本当に精神病にでもなるのではないか?と思うくらい考えた。
言葉で説明するのは難しいけれども、私なりにそれらの答えはある。

この世が無数のパラレルワールドの一つだとして、他の世界が虚像の世界かといえばそうではない。
その世界も、今生きている世界と同じように、色づいた世界である。
それゆえ、全ての事象、物質、時間、は色即是空なのであろうと思う。
空とするなら人生に意味がないとするのではなく、空だからこそ絶対的なものに支配されない、
想像に満ちた世界であり、今生を生きる意味、すなわち人生が存在するのだと思う。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://yumemio.blog.fc2.com/tb.php/43-924e6867
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

子供は先生 «  | BLOG TOP |  » 神秘十字線

プロフィール

tsutsui-s

Author:tsutsui-s
広島県在住。
複数の会社と店舗施設を経営。自分に出来ないことはない、という自信過剰ぎみの精神力を糧に、新しいものに挑戦し続ける中年です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
季節 (18)
プライベート (67)
震災と復興 (5)
ブログについて (9)
モノローグ (130)
バイク (63)
エッセイ (35)
仕事 (16)
趣味 (4)
妻の闘病記 (11)
政治・経済 (11)
家族 (5)
禁煙物語 (7)
入院日誌 (13)
自然災害 (1)
スポーツ (4)
カープ (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。