topimage

2017-08

バイオリズム - 2011.06.21 Tue

バイオリズムというのは誰にでもあると思われるが、私も例外なくあるように思う。
その周期からすると現在はかなり低いかもしれない。
ただ周期的というより、外的要因の影響が強いことも事実だ。
仕事がうまくいかないわけではなく、何か歯車がかみ合わない苛立ちのようなものだ。
描いた世界を現実に投影したとき、全く合致しないことに落胆するとでもいうか・・・

それでも、私自身は前向きな人間だと信じている。
いや、物事を前向きに考えていこうと常に努力しているつもりだ。
裏を返せば、悲観的でネガティブな性質があるから、そう努力しているのかもしれない。
根っから楽観的でポジティブな人間は、そうした努力はしないだろうから。
だから、このブログのタイトルも日々是好日なのだ。

今現在はといえば、バイオリズムの波形の最下端部を越え、少し上昇へと向かっている
あたりか?と推測している。このまま、軌道を崩さず昇って生きたいものだ。

多くのことに携わっていると、騙されることや裏切られることに度々出くわす。
過去の経験からそうしたことに遭遇しない絶対的な方法に気付いたことがある。
その方法とは、誰も何も信じない、ということだ。
元々信じていなければ、理論的に騙されたり裏切られたりする状態を回避することができる。
しかし、それはあまりに人間として悲しい選択だと気付く。
だから、どんなことでも、どんな人間でも、取りあえずは信じることから始める。

そしてまず、自分自身を信じることから始める。
絢香の「I believe」のこのフレーズが、時折勇気付けてくれる。
♪ I believe myself 信じることで、全てが始まる気がするの・・
スポンサーサイト

● COMMENT ●

私も30を過ぎた頃から、携わる人の数に比例して騙されたり裏切られたりする経験が増えた気がします。まだ決定的なトドメを受けた事は無いものの、確かに初めから信用しないという策も場合によっては必要かと感じ始めておりました。かかわる人全てを信用しない、出来ない、そんな環境は、筒井さんのおっしゃる通り悲しいです。
適度に裏切られながら(笑) 長していけたらなぁと思います。

人を信じれない人は、同時に人から信じられないという道理があり、結局は裏切られるリスクを
抱えても、人を信じるほうが得策といえます。というより信じれる人間でありたい、そう思います。
贈る言葉の歌詞で一番好きなフレーズがあります。
♪信じられぬと嘆くよりも、人を信じて泣くほうがいい♪ まあ、そんなところでしょうか。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://yumemio.blog.fc2.com/tb.php/39-99880079
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

赤い糸? «  | BLOG TOP |  » 過去・現在・未来

プロフィール

tsutsui-s

Author:tsutsui-s
広島県在住。
複数の会社と店舗施設を経営。自分に出来ないことはない、という自信過剰ぎみの精神力を糧に、新しいものに挑戦し続ける中年です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
季節 (18)
プライベート (67)
震災と復興 (5)
ブログについて (9)
モノローグ (130)
バイク (63)
エッセイ (35)
仕事 (16)
趣味 (4)
妻の闘病記 (11)
政治・経済 (11)
家族 (5)
禁煙物語 (7)
入院日誌 (13)
自然災害 (1)
スポーツ (4)
カープ (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR