topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャンプツーリング-その3 - 2016.07.31 Sun

なんだかんだとアクシデントもあって結局到着したのは午後2時前。
目的地、大鬼谷オートキャンプ場。
山奥の渓谷沿いでいい感じ。
到着
車じゃないからテントサイトがやたら広く感じるけれども、車でも来ても十分の広さと思う。
バイク組は私たちだけで、ある意味人目を引いた。
周りはファミリーばかり。
キャンピングカーやミニバンや大型SUVばかり。

もともとソロキャンプツーリングのつもりで揃えたテントとタープなのでかなり小さい。
ソロキャンプだとこうした大型のファミリー施設じゃなくて、無料のフリーサイトがあるキャンプ場に
なるだろうから、雰囲気はぐっとかわるだろうな。
テント設営

そういえば、センターハウスの入り口にこんな掲示があった。
熊出没注意
最近、全国的にも熊による事故が多発している。
ここでもやはり出るんですね・・・
もし、熊と遭遇したらどうすればいいか?
死んだふりはダメだと聞いた。
目を合わせて離さず、静かに少しずつ後ずさりする・・・だったように思うけれど、
小さな子供を連れていたのではそうもいくまい。
滝つぼへ行きたかったが、それは断念しよう。
ちなみに、最後まで十分読んでいなかったが、食料品は夜間出したままにしないことと書いてある。
実は、残飯をビニール袋に入れたままタープの下に置いていたのだが、
朝起きたら、あたり一面にそれが散乱していた。
熊じゃないとは思うが、深夜なんらかの野生動物が来ていたのかもしれない(汗

テントの設営後は少しゆっくりして、5時からのヤマメのつかみ取りに行った。
しかし、人が多い上に沢山の人が動くことで水が濁っていて全く取れない。
結局、1匹300円で2匹買ってテントに戻った。
キャンプといえばバーべキュー。
しかし、バイクでのツーリングなので大量の食材を積み込めない。
しかも、二人なので少量の食材でいいことから、殆どを家から持ってきた。
玉ねぎ1個、ピーマン1個、トマト1個、バーベキューベーコン3切れ、ソーセージ3本、
玉子2個(翌朝用)、なぜか小さなたい焼き4個、ご飯とむすびとパンだけ三次で仕入れた。
これに先ほど買ったヤマメが2匹
バーベキュー
折りたたみグリルに厚手のアルミホイルを敷く。
アルミホイルを敷くことで後かたずけが実に簡単。
使用後も本体は洗う必要がないくらい綺麗です。
炭は1回分だけビニール袋に入れて持ってきました。
2時間以上は余熱があり、ソロキャンプならもっと少量でもいいことが分かりました。

美味しくいただき、花火をしてシャワーをして夜10時前に孫娘は就寝。
かなり疲れたのでしょう。
こんな狭くてクッション性の悪いマットにエアー枕、そしてシェラフという日常と異なる状態で
意外なほど直ぐに寝付きました。
眠りにつく前に今日あった出来事を色々と話した。
指折り数えながら
「ジィジは今日は7回も失敗したね。でも楽しかった。」
と思い出しながら大笑いをする。
そう、ちょっと書けないようなことも含め、一日中失敗ばかりだった。
でも、ウェルカム失敗!って感じだ。
今まで何に対しても計画通りに行くことに価値をおいていたけれども、
失敗を受け入れる気持を持てば、旅は楽しいものになることを孫娘に教わった。
子供は素直で正直だから、いろいろな発見をさせてくれる。

10時になると、係員がやってきて消灯の時間なのでお願いします、と言った。
もう消灯!まぁ、テレビも何もないし、孫娘も寝てしまって話し相手もいないし、まぁいいかと
LEDランタンのスイッチを切ってテントに入りました。
う~ん狭い。テントは1.5人用となっていた。
1.5人という意味がよく分からないが、孫娘は0.5人でいいかもしれない。
しかし、私は1人というよりも1.2人くらいなので、やはり狭い。
荷物を全部テント内へ入れるなら、やはり1人がギリギリだな。


朝、5時半起床。
あまりゆっくり眠れなかった。
何度も目が覚め、しばらく起きていたりしたので、正味睡眠時間は3時間くらいだろうか?
それでも、渓谷の朝は実に気持ちいい。
空気が良くて、ひんやりとしている。真夏と言うのにむしろ寒いくらい。
朝食は、スクランブルマヨネーズエッグと昨夜の残りのベーコンと玉ねぎを焼いて、
パンとコーヒーを頂く。全て孫娘が調理してくれた。
外で食事するとほんとおいしいのはなぜでしょう?
朝食

朝食を済ませると、孫娘は直ぐに河原へ泳ぎに行き、その後はマウンテンバイクを乗り回していた。
午前9時、センターハウスへ行き今回のメインイベントであるツリーアドベンチャーの予約をした。
月曜日というのに予約客が多く、11時スタートしか取れなかった。
11時スタートで終了が12時前。
テントサイトのチェックアウトは12時だ。
つまり11時までに撤収しなくてはならない。
まだ2時間あるから十分・・・と思っていた。
しかし、ごみの分別をして捨てに行ったり、孫娘の様子を見に行ったりしているうちに時間が
あっという間に経過し、急いで積み込みをした。
しかし、ここで大きな問題が発生する。
来る時よりも、食材と炭が少ないので問題なく積み込みできると踏んでいた。
しかし、バッグに詰めていくと全部が積めない。
なぜだろう??
つまりこういうことだ。テント×1、タープ×1、エアーマット×2、シェラフ×2、これらがスペースを
取るが、全て新品だった。つまり工場出荷状態でコンパクトな状態。
展開したものを畳んでみると、なかなか元のように小さくはならない。
テントの収納袋なんて最初はやけにでかいなぁ~と思っていたが、使用後収納してみるとパンパン!
つまり、荷物がどれも数割でっかくなっているのだ!
これは想定外だった。
必至で無理やり積み込み、ギリギリ11時までかかった。

センターハウスへ行きチェックアウトをしてツリーアドベンチャー開始!
正直なところ、どんなことをするのか、どんなものなのか全く知らなかった。
身長115cm以上のお子様からOKとあったので、フィールドアスレチックの大型みたいなもの、
子供だけで遊べるのだろう、と思っていた。
すると、小学生は保護者同伴じゃないといけないということで、私も参加することにした。
専用ハーネスを取り付けられ、いろいろと説明を受けるころにはちょっと緊張していた。
地上8mの高所で命綱頼りに、18ものエレメントをクリアしなくてはならない。
その高さだけで足がすくむ・・・
ツリーアドベンチャー1
写真のエレメントは比較的みやすいもの。
あちこちで大人の悲鳴も聞こえてくる。
正直なところ、私もとても怖かった。
どうしようもなければ、途中で降ろしてくれるらしいが、そうもいかない。
孫娘も何度も途中大泣きをして、怖い、無理、できない・・・と諦めかけたが、
最後は勇気を振り絞って一歩を踏み出した。
保護者同伴といっても、一緒にはできないので後ろから見守るしかない。
孫娘がエレメントをクリアするごとに、よかったと思うのだが、次は自分が行かなくてはいけない。
逆に孫娘が私を心配したり、右手でロープ持ってとかアドバイスを送って来る。
そんなこんなで、約50分くらいかかって18エレメント全てをクリアした。
実に手ごわい。大人でもほんとに手ごわい。
筋肉痛間違いなしのヘトヘトになる。

ツリーアドベンチャーは子供の自立心を養うと書いてあったが、まさにそうだと思った。
途中から後戻りはできない、前に進むか、断念して降ろしてもらうか・・・
しかも一人で行くしかない。勇気を振り絞って。

12時過ぎ、バイクに乗り込み大鬼谷オートキャンプ場を後にした。
小雨が降ってきた。
天気予報通りだ。
しかし、なぜかあまり気にならない。
雨が降るなら降ってもいい、天気なんてどうなるかわからない。
孫娘も雨が降っても平気だった。
二人はこの二日間、ほんとにアドベンチャーをしたのだから、雨なんてどってことなかった。

三次に入るころには小雨も止んで曇り空。
逆に、涼しいから曇り空で良かった。
15時過ぎ、無事広島に返ってきた。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://yumemio.blog.fc2.com/tb.php/381-0b83bff4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

40年振り «  | BLOG TOP |  » キャンプツーリング-その2

プロフィール

tsutsui-s

Author:tsutsui-s
広島県在住。
複数の会社と店舗施設を経営。自分に出来ないことはない、という自信過剰ぎみの精神力を糧に、新しいものに挑戦し続ける中年です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
季節 (18)
プライベート (67)
震災と復興 (5)
ブログについて (9)
モノローグ (130)
バイク (63)
エッセイ (35)
仕事 (16)
趣味 (4)
妻の闘病記 (11)
政治・経済 (11)
家族 (5)
禁煙物語 (7)
入院日誌 (13)
自然災害 (1)
スポーツ (4)
カープ (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。