topimage

2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャンプツーリング(準備編-1) - 2016.06.22 Wed

 友人がよくキャンプツーリングに出かけていることを耳にし私も始めたくなった。
もともとアウトドアは好きで子供が小さいころはよくキャンプにも出かけていた。
ただ、バイクでのキャンプツーリングはバイク1に対して一人なので、仲間がいなければ
一人キャンプツーリングとなる。
そうなると、山の中で一人で一夜を過ごすことになりこれは無理だと想像がつく。
しかし、今のシーズンだと管理されたキャンプ場を使えば、他のキャンプも多いだろうから、
一人でもなんとかいけそうだ。

 ということで、あまり乗っていないモンスター696をツーリング仕様に変更していくことにした。
ちょうど年初に車検もして、ハンドルなどを標準仕様にもどしたところだ。
ハンドルは更に20mmアップできるアエラのスペーサーをかまして楽なポジションに変更した。
 キャンプツーリングで必須となる積載装備については、ヘプコ&ベッカーのパニアケースを取付。
IMG_1846.jpg
自分で取付をしたが、このステー696専用であるにも関わらず取説通りには取付できない。
後ろ側のステーを取説通りに取付ようとすると完全にウィンカーに干渉してしまう。
ひょっとすると日本仕様のバイクはウィンカーの位置などがヨーロッパ仕様と異なるのかも?
写真では左右のステーを逆にセットし、ウィーカーより後ろに固定した。
そのため、バックを固定するアームへの固定が2本のボルトで固定するところが1本のみとなった。
しかし、強度的には問題なさそうなのでこれでよしとした。

FullSize.jpg
 ドゥカティパフォーマンスのシートバッグもセットしたらこんな感じ。
それらしくはなったけれども、ヘプコ&ベッカーのパニア自体容量がそれほど大きくないうえ、
ドゥカティパフォーマンスのシートバッグもシート形状に合わせた専用品であるため
あまり容量が大きくない。
これではどう考えても、キャンプ用品のテントやシェラフやマットを収納できそうにはない。


 いろいろ考えたあげく、結局社外品のタナックのシートバッグを購入した。
実売価格1万円台前半であるにも関わらず、容量や構造、強度、などとても優れており
コストパフォーマンスがとても高いといえる。
写真は両サイドを縮めた状態で39Lだが、両サイドのファスナーを開けると10cmずつ伸びて
59Lの大容量になる。
これなら一人キャンプの道具は楽に積めそうだ。
IMG_2197.jpg

 で、いつ、どこに、行くのか?という計画は全く立ててない。
早く実行しないとシーズンが終わってしまう・・・・
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://yumemio.blog.fc2.com/tb.php/372-736bb628
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

避難って言われても «  | BLOG TOP |  » ザル法

プロフィール

tsutsui-s

Author:tsutsui-s
広島県在住。
複数の会社と店舗施設を経営。自分に出来ないことはない、という自信過剰ぎみの精神力を糧に、新しいものに挑戦し続ける中年です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
季節 (18)
プライベート (67)
震災と復興 (5)
ブログについて (9)
モノローグ (130)
バイク (63)
エッセイ (35)
仕事 (16)
趣味 (4)
妻の闘病記 (11)
政治・経済 (11)
家族 (5)
禁煙物語 (7)
入院日誌 (13)
自然災害 (1)
スポーツ (4)
カープ (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。