topimage

2017-07

唯一無二 - 2011.06.17 Fri

唯一無二という言葉を調べてみると、
「唯それ一つだけで二つと無いもの」と、読んで字の如くなのであるが、
そう定義すれば結構多くのものがあるようにも思う。
住んでいる家だって、庭の木や、飼い猫、子供が幼い頃に描いた習字、
今は使っていないかつて愛用した万年筆、若い頃の写真、・・・
と、唯一つと限定すれば色々あるものだ。

無二の親友と言う言葉がある。考えてみれば友人は全て無二の親友かもしれない。
それぞれに違った価値観があって付き合っているだろうから、唯一人とも言える。
しかし、この言葉の意味するところは、「他では変われないもの」という意味と
それが「かけがえのないもの」という二つの要素が内在しているように思う。
家は建替えすればより満足が得られ、よって変えることができる。
かけがえがなく、他では変われないもの・・・そう考えると、物質的なものは
全て排除されるだろう。ようするに人ということになる。
配偶者、子供、家族、親友など思い起こせば、僅かしか居ないことに気付く。
そんな中で、もし失った時に自分の人生に大きな影響を与え、生きる気力さえ
奪ってしまうもの・・そう考えれば更に限定的になってしまう。

世の男性の中には、奥さんが居なくなれば新しい人を見つけるからいい(笑)なんて
いう人も居る。しかし、多くの場合それは強がりに過ぎない。
奥さんに先立たれた男性と、夫に先立たれた女性とでは、圧倒的に男性は生存年数
が短いことが統計的にわかっている。
つまり、結婚している男性にとって奥さんの存在は多くの場合、唯一無二なのだと思う。
かけがえのないもの、何にも変われないもの(どんな美人女性にも(笑)だと思う。
ちょうど、この二つの要素を歌った曲の一節を思い出した。

♪かけがえのないもの、なくした後は、どんなに似たものも、かわれはしない♪

古い歌だが、村下孝蔵の「ゆうこ」という歌の歌詞の一文である。
これを満たすものこそ「唯一無二」だと思う。
かえることができないからこそ、大切にしなくては。
スポンサーサイト

● COMMENT ●

反省

妻の存在は確かに本当の意味での唯一無二ですね。世の中魅力的な女性はたくさんいますが、魅力だとか、そういったものを超越した存在です。もはや比較の対象ではないんですよね。
にもかかわらず、感謝の気持ちや、愛情表現が出来なくなっている事もあり、少し反省しました。
筒井さんも、奥様との会話を大切にされて下さいね♪ ドゥカティの購入資金を受け取られた際のエピソード、『仕事を頑張ってるから』って大金を渡してくれる奥様に、格好良さを感じました!! 私も妻に購入許可してもらえる様に、仕事を頑張ります(笑)

奥様のことを唯一無二と言えるドライさんはすばらしい。
世間の夫たちはどのくらいの人がそう言えるのでしょうか?
うちの愚妻が・・・なんて話す人は自らがダメ亭主と言ってるようなものです。
奥さん、大切になさってください。
きっと、ビックサプライズありますよ(^^


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://yumemio.blog.fc2.com/tb.php/35-46824aee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

山賊がマリーナホップに «  | BLOG TOP |  » 奇妙なコミニケーション

プロフィール

tsutsui-s

Author:tsutsui-s
広島県在住。
複数の会社と店舗施設を経営。自分に出来ないことはない、という自信過剰ぎみの精神力を糧に、新しいものに挑戦し続ける中年です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
季節 (18)
プライベート (65)
震災と復興 (5)
ブログについて (9)
モノローグ (127)
バイク (63)
エッセイ (35)
仕事 (16)
趣味 (4)
妻の闘病記 (11)
政治・経済 (11)
家族 (4)
禁煙物語 (7)
入院日誌 (13)
自然災害 (1)
スポーツ (4)
カープ (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR