topimage

2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うしろから・・・? - 2014.06.18 Wed

 昨日人生初の、ある検査に行ってきました。
3月には、人生初の入院をして人生初の尿道カテーテルをしました。
今回は、うしろから・・(この表現はおかしいかも?)つまり大腸ファイバー検査です。
9月には、胃カメラの予定です。この一年は全身管通しの一年です(汗
これら一連の検査は、3月に発症した急性膵炎の原因究明(?)のためスクリーニングとして行われる検査です。
大腸ファイバー検査はいずれにしても一度しておこうと思っていただけに、今回は保険対象で検査ができる
ためにありがたいことではあります。
 
 2日前から食事制限が始まります。殆ど食べたいものがたべられないため、検査終了後には
最大で3kg程度体重が落ちました。
検査当日、9時半に受付を済ませて待機場所に案内される。
既に女性4名男性6名の10名がそこで待機していた。私を含めて11名、これが今日の受検者数のようだ。
前日より絶食しているのでお腹はペコペコ。
そこに1.8Lの腸洗浄用の水、つまり下剤を飲まなくてはいけない。
味はスポーツドリンク風だが、これがなかなか飲めなかった。
早い人は1時間もかからなかったが、私は約2時間かかって飲み干した。
なんでもマグネシウムを含む消化しない液体らしく、飲んだものはおしっこではなくて、
全てオシリから出てくるらしい。それによって腸がきれいに洗浄できるらしい。
看護師がマグネシウムが入っている、と説明をすると年配の女性の受検者の一人が、
「あぶなくないんですか?」と質問していた(汗
そうか・・・そういえば最近ある工場でマグネシウムに引火して大変な火事になったことがある。
たしか韓国でも同様の火事があったな・・マグネシウムは引火すると水をかけると爆発するので
消火活動が難しい・・そんなことも言っていたな・・それに看護師がこの液体は消化しないと説明
したが、それを消火しないと勘違いしたのかもしれない。だから、危ないと思ったのだろうけれど、
それとこれが一緒とは普通思わないよね・・・
と思いつつ、看護師も「燃えるマグネシウムとは違いますから大丈夫ですよ^^」と答えた。

 私はてっきりベッドのある部屋で横になれるものとばかり思っていた。
だって、今日は一日がかりの検査だ。座面の硬いスチール椅子に一日中座ってはいられない。
しかし、検査着に着替えることもなくその待合場で下剤を飲み続けた。
待合の隣にトイレルームがある。みんなが一斉にトイレへ駆け込むと間に合わない・・
と心配したが、それはちゃんと考えてあった。トイレは5ルームあり、手洗いも3箇所あった。
つまりここは、待合所ではなく待機所であるということだ・・・
検査までの時間、ひたすら下剤を飲み続けトイレに駆け込む。
私は合計10回トイレに行ったが、周りの人も同様だった。
11人が椅子に座り下剤を飲みつつトイレに駆け込む・・客観的にみるととても滑稽だ。

 午後1時からいよいよ検査開始。
全員検査着に着替えた。専用パンツは後ろに穴が開いている。
穿こうとした瞬間、つい穴あきを前にしてしまった。男のくせですね(汗
検査着に着替えたので、準備室あるいは待機室などに移動するものと思っていたら
またさきほどの場所へ移動だった。
たぶん順番は受付が最後だったので、一番最後・・何時になるのかわからない。
最初に男性2名が呼ばれた。しばらくして女性2名が呼ばれた。
そして1時間以上誰も呼ばれない・・・
検査には約30分程度ようするようだから、多分医師は2名だろうと思った。
検査後の説明の時間も考えると、私は夕方になる可能性が高い。
硬い椅子の上でひたすら待つ・・・

 午後4時過ぎ、やっと私の番がきた。
検査室に入ると、台の上に横向きに寝る。足を少し縮めてオシリを突き出す体勢だ。
腸の動きを止める薬と鎮静剤を注射する。
注射をされると数秒後に頭がフラフラしてきた。
「頭がフラフラして気持ち悪いんですけれど」そういうと、「少ししたらなれますよ」と看護師が答える。
正直いって、あまり不安はなかった。
先に検査した人たちの殆どが平気な顔で歩いて出てきていたので、それほど苦しくはないだろうと思っていた。
あの尿道カテーテルのことを想像すれば、そのことは容易に想像できた。
尿道に比べて直腸や大腸の大きさは比べるまでもなく大きい。
多少は痛いかもしれないが、大したことはないだろう・・・そう思っていた。
それでも、不安があったのか「前立腺肥大なんですけれども通りにくいってことはないですか?」
そう看護師に質問すると「全然関係ないですよ」と答えたので、不安はなくなった。
準備が整い、照明が暗くされて「それでは先生を呼んできます」と言って看護師が部屋を出た。

 暫くして、「検査をする○○です、よろしくお願いします」と、若い女性の声がした!!(汗
あっ女医さんなんだ!てっきり男性医師だとばかり思っていた。
そういえば今日は女性が4名いた、そして男性が7名。つまり女医さんが女性の検査を済ませて私の番が
回ってきたということだろう・・・ 普通の検査なら女医さんもいいが、こういうのはねぇ・・・(汗
「では始めます。まずオシリにゼリーを塗ります」そう言うと、同時にオシリに激痛が!
こっちの心の準備がまだできていないのに、一気に指を入れられた。それもすごい勢いで!
「痛いっ!」と思わず声が出た。
でもそれは序の口だった。
いよいよファイバーの挿入だ。
なんとか直腸部分はクリアできたので、これくらいなら我慢できると思った。
しかし、お腹の中を突き刺されるような激痛が!!
「痛い!」一瞬叫ぶと、「大丈夫ですよ」と返される??いや痛いと言ってるんですけれど・・・
そう思ったが言わなかった。男性医師の方がこのあたりの融通はききそうな気がした。
その後も腸のコーナー(?)あたりに差し掛かると激しい痛みで悲鳴をあげてしまった。
「痛いイタイ、イタイ、イタイ、イタイ・・・・・・・」と言葉になって出てしまう。それも大きな声で・・
きっと、検査室の外にまで聞こえたことだろう。
とにかくその痛さは耐えがたいものだった。
「痛いときは言ってください」、と検査前に言われていたので、とにかく「痛い」を連呼した(笑
それでも、「頑張って」とか「大丈夫」とか言われてしまう・・・(汗
で、あまりに痛がるためにいったん中断して再度鎮静剤を注射することになった。
また、頭が少しフワフワ・・・ぼんやりする。
しかし、挿入を再開するとまた激痛が・・・
どのくらい時間が経過したのかわからなかった。
「奥まで到達しましたよ、もう後は抜いていくだけなんで痛くありませんよ」と・・
助かった・・・やっと終わったか・・と思った。
しかしその後、ファイバーを抜きながら撮影するため空気を注入していくのだが、この空気がお腹に
いっぱいにたまるため苦しくなる。
必然的にオシリからいわゆるオナラ状態で空気が出てくるのですが、ブスブスと空気が出てくると、
「そうそう我慢せずにガスを出してください」と看護師が言う。
しかし、ガスという表現はオナラを意味し、今出ている空気とは違う。
ガスという表現はやめて欲しいと思った。
だって、女医さんに向かってオナラを勢いよく出し続けるって失礼じゃないですか!と言いたかった(笑

 30分くらいかかっただろうか?終了してベッドから降りようとしたらまともに歩けない。
頭がフラフラするし、痛さに耐えた疲れで全身に力が入らない。
「平気な人も居るんですけれどねぇ、痛い人は痛いんですよ、よく頑張りました」と褒めてもらう(苦笑
回復のためベッドで休むことにした。暫く休んで、検査着を着替えた。
説明を受けるためにロビーで待つ。
私の前に年配の女性が女医さんから検査結果の説明を受けていた。
なかなか出てこない、長い説明・・・
暫くして女性ではなく女医さんが出てきた。受付の看護師に「気分が悪いようなので誰か来てください」
と言う。看護師が説明室のドアを開けるとうなだれている女性がいた。
ティッシュペーパーを看護師が渡すと涙を拭いていた。
きっと、結果が悪かったのだろう・・・そう思うと少し胸が痛くなった。
次は私の番だ。

 ちょうどタイミングよく家内が迎えにきてくれていたので一緒に説明を聞くことにした。
特に悪いところはないとのこと。ただ2~4mmのポリープがあるので今後も経過観察のため
検査を定期的に受けてくださいとのことだった。
私の年齢ならポリープの一つや二つあっても不思議じゃないから心配にはおよばない。
それよりもこの大腸ファイバーだけは二度としたくない。
「検査って、大腸ファイバーしかないんですか?」そう尋ねたら、そうだという。
毎年ではなくても2~3年後には受けてくださいと言われたが・・・最低5年は受けない、と心に決めた。

 一日絶食でお腹はペコペコ。すでに夕方6時。
何が食べたい?と家内が聞くので「お好みが食べたい」と答えた。
看護師から、身体の中には何もない状態なのでいきなり油物とか消化の悪いものは食べないでくださいと
言われていたので、お好みなら野菜と麺なので大丈夫だろうと思った。
そしてお好み店まで歩いていく。
しかし、結構遠い・・まだ体に鎮静剤も残っているのか少しふらつく。
やっとお好み店についたが、気分がすぐれない。
脂汗が出てきて吐き気がしてきた。
ヤバイ・・・と思った。
すでにお好みを注文してあったのでキャンセルもできないが、直ぐに帰りたいと私は家内に言った。
家内は、じゃあ直ぐにタクシーに乗って帰ることをすすめた。
せっかく私を迎えにきたのだが、お好みが出来上がるまで待たなくてはならないことと、
駐車場まで戻らなくてはならないことを考えると賢明な方法だ。
こうした判断は家内はすごいといつも思う。
言われる通り私は直ぐに店を出てタクシーをひらって家に戻った。
直ぐにベッドに入り暫く眠った。

 たかが検査なのに本当に疲れた一日だった。
しかしもう二度とやりたくないことが、尿道カテーテルに加えてこの大腸ファイバーも加わった。
こんなに辛いことみんなよく耐えれるなぁ?と思ってしまう。
もしかしたら、私は痛がり屋のいくじなしな男なのだろうか?そんなことも思った。
人に比べて痛みを感じやすいのかもしれないといつも思う。
歯医者でも治療の際いつも痛い痛いと言っているし、麻酔がなかなか効かない。
人よりも疲れやすいし、直ぐにお腹も壊すし、痛みも感じやすい。
でも考え方によってはそれはいいことかもしれない。
身体が直ぐに反応を示すから、セーブもできるし養生もするようになる。
ある意味生命力が強いといえるのかもしれない。
きっとそうに違いない。いくじなしなんかじゃない・・
スポンサーサイト

● COMMENT ●

大腸検査

タイムリーな話題ですね~
実は自分も健康診断で大腸が引っ掛かりました(爆)
大腸ファイバーは全く痛くないという人もいれば、凄い痛いという人もいる・・・医師の腕なのかファイバーの径なのか麻酔なのかは分かりませんが。
穴開きパンツを前に履くには笑えました(^ ^)
自分も1ヶ月か2ヶ月後には検査です。
その時はこの日記を読み返させて頂きます。

がんばってください

プーマーさんも大腸ファイバーをするんですね。
頑張ってください。
もともと大腸は殆ど神経がない臓器で痛み感じにくいものですが、
それでも痛い場合は人よりも痛みを感じやすいわけで、つまり大腸に異常をきたすと
直ぐに察知できる能力を持っているということです。
喜んで痛みを受け入れましょう(^^


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://yumemio.blog.fc2.com/tb.php/302-85c9b7c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

心を亡くす=忙しい «  | BLOG TOP |  » 父の日のプレゼント

プロフィール

tsutsui-s

Author:tsutsui-s
広島県在住。
複数の会社と店舗施設を経営。自分に出来ないことはない、という自信過剰ぎみの精神力を糧に、新しいものに挑戦し続ける中年です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
季節 (18)
プライベート (67)
震災と復興 (5)
ブログについて (9)
モノローグ (130)
バイク (63)
エッセイ (35)
仕事 (16)
趣味 (4)
妻の闘病記 (11)
政治・経済 (11)
家族 (5)
禁煙物語 (7)
入院日誌 (13)
自然災害 (1)
スポーツ (4)
カープ (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。