topimage

2017-07

探究!848~カウルの謎 - 2014.04.26 Sat

 大げさなタイトルをつけてみました(笑
プーマーさんより、848evoのカウルの色分けが場所によって
シート貼りだったり、塗装だったりで仕上げが異なるという情報を頂きました。

 さっそく自分の848も見てみましたら、確かに色分けの方法が異なるようです。
よく調べてみると、素材も違うようでそれが起因しているのかもしれません。

 ・・・・以下は私の全くの想像です。・・・・
 
 サイドカウルやアンダーカウル類はABS樹脂のようです。
広い面積で風圧による変形もあるだろうし、ぶつけて壊れやすい部分。
ABS樹脂は適度に変形するし復元もする。
そして衝突などで破損しても破片が飛散しにくい。
安価で加工がしやすく扱いやすい素材。
一方で難点は塗装が難しいこと。
基本的に変形するものは塗装をしてもはがれてしまうことからこうしたものは塗装しない。
FRP製のカウルなどは強度がありあまり変形しないから塗装をすることは多い。
 848のカウル類のブラック部分(実際にはダークグレー)は基本的に素材色ではないかと思う。
サイドカウルにはシルバーのシート貼りで仕上げ、DUCATI CORSEの文字は更に重ね貼りしています。

 そしてアッパーカウルとシートカウル。
この二つは素材がABS樹脂ではなくプラスティック系の素材ではないか?と思われます。
明らかにボディ周りのカウルの素材と異なります。
比較的小さくて硬さのあるプラスティック系の素材には塗装が向いています。
 と思いつつ、少し詳しく自分の848を調べてみました。
すると不思議なものを発見しました。ものというか方法です。

848シートカウル

 シートカウルの小物入れカバーを外したところの断面部です。
本体の黒とシルバー部分は塗装で塗り分けされています。
しかし黒のラインはシート貼りとなっています。
しかもエッジにはシルバーの塗装が重なっています。
なぜこんな面倒なことをしているのか?  よくわかりません。
多分このラインテープは、マスキング機能を備えた2重構造のマスキングで
塗装前に貼り付けておいて、塗装後剥離テープのみを取ってラインを残す・・・?
みたいな方法なのでしょうか?

 結局、想像だけで何も理由はわかりませんが、
プーマーさんご報告通り、確かに場所によって仕上げ方が異なるようです。
スポンサーサイト

● COMMENT ●

有難うございます。

ご確認を有難うございます。
カウルを洗っていたら『違和感』があったので・・・
材質の違いで塗装したり塗装しなかったりしているんですね。
参考になりました。
お手数をお掛けして申し訳ございませんでした。

特にシートカウルの塗り分けはステッカーを貼った感じが無かった(段差がない)ので不思議に思いました。
アッパーカウルやセンターカウル、アンダーカウルの段差があるのはシート貼り+ステッカーの上からつや消し塗装をしているからなんですね。
たぶんシートカウルはR形状が複雑なんでシルバーのシート貼りではなく塗装なんでしょう!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://yumemio.blog.fc2.com/tb.php/289-27682f06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

5ヵ月目突入~ゆるーい禁煙? «  | BLOG TOP |  » 『おっしゃる通り』??

プロフィール

tsutsui-s

Author:tsutsui-s
広島県在住。
複数の会社と店舗施設を経営。自分に出来ないことはない、という自信過剰ぎみの精神力を糧に、新しいものに挑戦し続ける中年です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
季節 (18)
プライベート (65)
震災と復興 (5)
ブログについて (8)
モノローグ (127)
バイク (63)
エッセイ (35)
仕事 (16)
趣味 (4)
妻の闘病記 (11)
政治・経済 (11)
家族 (4)
禁煙物語 (7)
入院日誌 (13)
自然災害 (1)
スポーツ (4)
カープ (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR