topimage

2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

848evo 1000円カスタム No.6 【ファーストエイドキット】 - 2014.01.04 Sat

 年末年始とバイクに乗る機会がない時期はバッテリー上がりが心配なところ。
エンジンを始動してみたら、一瞬もたついたような感はあったが直ぐにかかった。

 昨年、シート下の断熱プレートを取り付けたら、そこにスペースが出来て喜んでいたのだが、
そこに何を入れておくのか?ということまでは決定していなかった。
シートはキーオープンではなくて、ヘキサゴンポルト固定なので簡単にオープンは出来ない。
つまり普段出し入れするようなものは入れておけないということになる。
車載工具を入れたいところだがそれも無理。なぜなら六角レンチがないと明けられないので(汗

 と、いうことで、緊急用のもの、めったに使わないもの、に限定した。
で、決まったのが、使い捨ての雨合羽とETCとファーストエイドキットだ。
ETCはリアカウル内に設置していたものをこちらに移動した。リアカウル内に少し余裕ができた。
雨合羽はサイドガードの膨らんだ部分に入れ込んだ。軽いし自由に変形するので少しきついが入った。
そしてファーストエイドキットは先日ダイソーで買い揃えたもの。
市販品もあるけれど、ぴったり収まるものはやはり作るしかない。

848シート内

 中身はこんな感じ。A5サイズの布製のポーチもダイソー。十字マークは赤マジックで書いた(^^
ビニール製だと熱で溶ける心配があるので布製をチョイス。ポケットが2カ所ついていて、サイズはピッタリ。
除菌ペーパー、ガーゼ、包帯、絆創膏、消毒液、大小バンドエイド、サポーター、ミニライト、瞬間接着剤
など全てダイソーで買ったもの。そして置き薬の鎮痛剤を1包、車検証、二輪保険証、ドゥカティアシスタンス
のカード。これらがピッタリ全部入って収まった。費用はちょうど1000円くらい!
ファーストエイドキット

 ところで、なんでミニライトや瞬間接着剤が入っているか?
このミニライト、ボタン電池が4個入っていてLEDランプ3灯式で結構明るい。
懐中電灯があったらなぁ~って思うこと、意外とよくありますよね?私はあります・・だから入れました。
瞬間接着剤も特に意味はありませんが、これもあればいいのに・・と思うことがよくあります。だから入れました。
救急用としても、包帯の仮止めもなんかも簡単にできると思う。
ドゥカティアシスタンスは、最近のバイクメーカーは国内外問わず大抵ついてくる(?)いわゆる
ロードサービスです。出先でバイクが故障したりバッテリーがあがったり、事故にあったり・・
といった時のロードサービス保険みたいなもので、新車時から2年間有効です。
バイクの任意保険にロードサービスも付加されているのですが、任意保険の方は車両運搬が50Km以内と
なっていました。50km以内にはなんらかの修理工場くらいありそうですけれど、ドゥカティは預かって
くれるかどうか?は疑問です。このドゥカティアシスタンスはなんと200km以内までとなっています。
200kmならドゥカティショップは大抵ありそうです。

 さて、どうしてファーストエイドキットを作ろうかと考えたか?ですが、それには色々理由があります。
昔、某欧州車(4輪)を買った際に、立派なファーストエイドキットが付いていて感動したことがあります。
国産車では、まずありませんし、オプション設定すらありません。
素人が治療するよりも一刻も早く救急車を呼ぶことが前提なのでしょうが、あるとないでは安心感や
便利差が全く違います。怪我は運転中にするだけではありません、旅先で遊んでいる最中や、
故障した際の整備中などにも怪我はします。いやむしろそれらが殆んどです。
そうした時に、救急箱があればとても便利ですよね。自分だけじゃなくて他人が怪我をした場合にも使えるし。
 では、事故をした際に役立つのか?ということですが、大怪我をした際には全く役立たないでしょう。
しかし、2輪での転倒による怪我などの殆んどは、救急車を呼ぶほどのことじゃないことが殆んどです。
そうした時にはきっとあると便利だと思うのです。
それと、最近ではプロテクター付の安全なウェアーが多いため、転倒しても無傷なことが殆んどです。
しかし、バイクの方は基本的にプロテクターがないので無傷というわけにはいきません。
多いのは、ウィンカーが折れる、バックミラーが折れる、レバーが折れる、など出っ張っているものが
折れることです。また、カウル付バイクの場合は、カウル類が割れることも多いでしょう。
そうした時に、人間は大丈夫だけれどもバイクが損傷して乗れない・・ということも。
そこで応急処置で役立つのがガムテープです。しかしそんなもの持ち歩きません。
で、代用品が絆創膏と瞬間接着剤。だから絆創膏は幅広タイプにしました。
ウィンカーやバックミラーの折れ、カウルの割れなどはなんとか応急処置して固定すればロードサービスを
呼ぶことなく自走で帰れます。
 そんな理由から、ファーストエイドキットは必需品だと思うのです。
私はこれ以外にも、ウェストポーチに入れるコンパクトなもの、サーキットへ行く際の携行用など
作っています。お金がかかるものじゃないし、あるだけで安心感もあります。
できるだけ活躍して欲しくない物で、不要でありつづけて欲しいものには違いありませんが。
スポンサーサイト

● COMMENT ●

いいですね

自分もムルティに乗っている時にはファーストエイドキットを持っていました。
やはり転倒したら擦過傷になりますから。
リアキャリアにバックを付け、その中にはファーストエイドキット、パンク修理セット、空気入れ、予備ガソリン、非常灯、工具、ガムテープ、針金、ライト、カッパを詰め込んでいました。
リアバックって便利なんですよね!
848にも専用のバックがあるから付けちゃおうかな?

備えあれば・・

プーマーさん、凄い装備ですね。それだけあれば備えあれば憂いなしです。
私も696は純正リアキャリアバックがありますが、リアシートの上に乗せるタイプなので、
バイクに跨る際にキックボクシング並に足を上げなくては跨れません。
私はそこまで足が上がらないから、結局使っていません。
848はツーリング時には小さいタンクバッグとウェストポーチあたりを考えています。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://yumemio.blog.fc2.com/tb.php/246-349f5f19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

終わりのない夢を見る «  | BLOG TOP |  » 明けましておめでとう

プロフィール

tsutsui-s

Author:tsutsui-s
広島県在住。
複数の会社と店舗施設を経営。自分に出来ないことはない、という自信過剰ぎみの精神力を糧に、新しいものに挑戦し続ける中年です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
季節 (18)
プライベート (67)
震災と復興 (5)
ブログについて (9)
モノローグ (130)
バイク (63)
エッセイ (35)
仕事 (16)
趣味 (4)
妻の闘病記 (11)
政治・経済 (11)
家族 (5)
禁煙物語 (7)
入院日誌 (13)
自然災害 (1)
スポーツ (4)
カープ (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。