topimage

2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

848evo バッテリー交換 - 2013.12.23 Mon

 注文していたSHORAIバッテリーが入ったので848に取り付けることにした。
純正バッテリーが、YUASA YT12B-BS これに対するSHORAIの互換バッテリーは
LFX14A1-BS12かLFX18A1-BS12 となっている。
純正のYUASAが10Ahに対して互換は14Ahもしくは18Ahとなっている。
リチウムバッテリーの特性を生かして小型化・軽量化できることから、互換に関しては
リスクをみて純正よりも容量の大きいものを推奨しているようだ。
現在の私の848の問題点として始動性の悪さがあります。
大抵セル1発ではかからず、アクセルも煽りながらセルを回さなくてはいけません。
エンジンがかかってもアクセルを戻した瞬間にストールします。
気温が低いことも原因しているのかもしれませんが、そうしたこともありバッテリーは
容量の大きいLFX18A1-BS12のほうにしました。

左側サイドカウルを外すと直ぐにバッテリーが発見できます。
取り外しはバッテリーカバーの上部のポルトを1本外すだけでとても簡単。
848バッテリー1

外したバッテリーとSHORAIバッテリーを並べるとこんなに大きさが違います。
重量はYUASAが3.8kg SHORAIが1.038kgで約2.8kgの軽量化になります。
2.8kgってバイクにとってはとても大きな数値。マフラー交換なみの軽量化です。
更に14Ahにすれば851gという軽さ。しかし今回はパワー重視で18Ahタイプにしました。
848バッテリー2

まず、付属品のスポンジスペーサーを貼りつけて現在のバッテリーと同等の大きさにします。
スペーサーは沢山入っているのでかなり余りました。
848バッテリー3

そしてバッテリーケース部に収納。
ターミナルの位置が若干下がるのでケーブル位置の調整が必要です。
848バッテリー4

そして、キーオンしてみるとメーターパネルに表示されたバッテリー電圧は14.4v
確かいままでは12v台後半だったことを考えると、電圧もかなり高いことになる。
期待をしながらセルボタンを押してみると、快調にセルが回り1発始動!!
848バッテリー5


 実に簡単な作業で30分ほどで終わりました。
ショップに依頼すると、工賃、バイクの持ち込み引き取りの手間、などが必要。
自分で取替えしても大きな問題が起きないのがバッテリー交換。
リチウムバッテリーが純正品よりも少し高いだけで購入できるようになってきました。
自分で取替えすれば、ショップで純正バッテリ交換するよりも安上がりでしょう。
軽量化、ハイパワー、長寿命、これらを考えるとコストパフォーマンスはかなり高いと思う。

 まだ試乗はしていませんが、長年乗っているわけではない私にはその違いはわからないでしょう。
ただ、客観的に見て848の左側面は、片持ちスィングアームであることから、
大きなスィングアームや、スプロケ、チェーンなどを考えると左側面の方が絶対重いように思えます。
そこに更に4k近いバッテリーを積んでいるので更にバランスが悪いのでは?と思う。
まぁ、そのあたりは計算済みで設計しているから問題ないのでしょうが、
左側が3kg近く軽くなるというだけで、精神的にはバランスが取れたような安心感もあります。

 今年は随分とバイクのことを学び、カスタムも色々とやってきましたが、いったん年内はこれで
終わりです。多分、春までは週末には乗りもしないバイクをただ磨いているだけでしょう(^^
スポンサーサイト

● COMMENT ●

SHORAIバッテリー

自分のムルティもSHORAIのバッテリーに換装していました。
リチウムフェライトバッテリーという事で不安もありましたが、丸2年使用していましたが全く問題はなかったです。
軽くなるのは加速、ブレーキ、コーナーリング、燃費等、いい事だらけですからね♪

ところで本日848が納車されました☆  カッコいいです!!!
ショップから自宅まで6キロくらいですが、緊張で疲れました・・・
ポジションはかなり前傾ですね。   馴れるのか心配ですよ。
今週末にパーツを取り付けたいと思います!

納車おめでとう!

プーマーさん、848納車おめでとうございます!カスタムが楽しみですね。
私の場合、前傾姿勢になれるにはニーグリップをしっかりして、タンクの出っ張りに
おへそあたりを乗せる感覚で上半身を支えると少し楽になりました。
とにかく手に力を入れないこと重心をかけないことかな。手に力が入ると30分も走れません。
SHORAIバッテリーのインプレありがとう。パワーがあっていい感じです。

有難うございます

アドバイスを有難うございます。
ムルティからの乗り換えですから覚悟していましたが、走り出した第一印象は『これレーサーじゃん』って印象でした。
今日からジョギング+腕立て+腹筋開始です!
とにかくリアサスが沈まない・・・
自分は体重が75キロありますが乗ってリアサスがビクともしないんでビックリしました。
説明書を店に預けてきてしまったのでご教示頂きたいのですが、リアサスのイニシャル調整はリザーバータンク横の樹脂製のダイヤル(H→S)を回せば良いのでしょうか?

私にとってサスセッティングというのはとてもハードルが高くて、これから色々試したいことの一つです。
少ない知識と体験から知る限りのことをご報告いたします。
corse seはそれまでの848よりも車高が高くサスも硬いのでは?と思ったりもします。
私(体重80k以上(汗)が乗っても殆どサスは沈み込まず、身長174cmでつま先立ち状態です。
そのためと思われますが、乗り始めのころ軽くコーナーを攻めたくらいではサスが全く沈まず、タイヤが路面に追従せず外へ流れる感覚を何度も体験しました。このバイクの特性かな?と思っていましたが、その後サス設定や乗り込んでいくうちにそれらは解消されました。
バイクはサスが馴染むまで新車時は固めに感じます。オーナーズマニュアル86頁に慣らし運転の記述でこうあります。「サスペンションのより効果的な慣らしには、カーブが多く起伏に富んだ場所を走行することが理想的です」と。つまり峠を走れってことですかね?(汗
ドゥカティならではの記述ですがやはりサスも慣らしが必要ということです。
イニシャル調整でプリロード調整についてはした方がよいかと思います。
一般的に欧州人は体格大きく2人乗りを前提にサス設定されていることと、長距離輸送につき強めにタイダウンを掛けて固定します。そうしたことからプリロードは締め込んでいる傾向にあると言われます。私は、約10mm近くプリロードを緩めました。緩めたからサスが柔らかくなるわけではありません。サスのバネレートは変わらないので、ある一定の加重が掛かれば同様の硬さとなります。ただ、緩めることでサスの最初の柔らかい部分を使えるようになるので車重での沈み込み(1G)が増加し、乗車時に沈み込み(1G')も増加することから、乗車した時点での車高が下がります。実際にプリロード調整をしてからは乗車時で2cm近く下がったように思います。逆に言えば今までよりも2cm分伸び代も増えたわけで、突き上げ感が弱くなり乗りやすくなりました。あとは減衰圧(アジャスター)の調整ですが、どの程度回せばいいかよくわかりませんので、設定をショップの方にお願いしました。プーマーさんの仰る通りS側(左)に回すと弱く(動きが早く)なるようです。多分、伸び側、圧側とも少しスピードを速くなるようにセッティングしてくれたのだと思います。
これら調整によって、劇的といってもいいくらい乗りやすくなりました。
当初はおしりが飛び跳ねるような感覚がありましたが、今はしっかり路面を感じることができます。ただ、まだ慣らし運転期間が済んでいないので、慣らし終了後にはサスも馴染んできているでしょうから再度設定が必要と思っています。
いずれは、その日のライディングスケジュールに合わせて、自分で日常的にサス調整ができるくらいに、サスセッティングを極めたいな・・とは思ってはいますが、ハードルが高いのは事実です。
未熟な経験値での回答ですが、参考になれば幸いです。

有難うございます

いろいろと御教示頂きまして有難うございました。
自分としては荷重を掛ければ先ずサスが沈み込み、その後に踏ん張る感じが好みなのでプリロード調整が必要ですね!
峠でサスの馴らしもやりたいのですが路面温度が低くて正直怖いんですよ・・・
このタイヤは温度依存性が高いのでタイヤが暖まらないとすく滑るみたいですから。


あと外装についてご存知でしたら教えて下さい。
①このカラーは半つや消し塗装ですがワックスをかけてはダメなんですか?
②カウルに傷がついてしまったらコンパウンドは厳禁ですか?

クリーナーについて

一般的なツヤありの外装パーツはクリアのコートが何重にも塗られています。しかし、ツヤ消しパーツは素材のまま、或いは薄いツヤ消しコーティング塗装だけだと思います。848のパーツは後者になると思いますが、ワックス掛けなどをするとムラになることがあります。ワックスそのものはツヤありですから。また、キズ取りのコンパウンド使用も気をつけなくてはいけません。ツヤありの場合はクリア層が厚いので、その部分でのキズはコンパウンド(削る)で落ちますが、ツヤ消しの場合はコーティングが剥がれる、またはその部分だけツヤが変わるなどトラブルが起きそうです。
まだキズをつけたことがないのでなんとも言えませんが、ワックスもコンパウンドもあまり使用しない方がいいと思います。キズが付いたらクリーナーで汚れを落とす、それでも目立つならステッカー貼る・・かな?
お勧めのクリーナーは、DAYTONA プロテクト&シャイン645です。
今まで知る中では、最も優れモノのクリーナー&コート剤です。
金属部、プラスティック部、ゴム部、どこにでも使えます。タールやチェーンオイルの飛散跡なども一瞬で落ちます。そしてその後から拭きすると光りものは輝き、樹脂やゴムやツヤ消しパーツは深い色を出して淡いツヤと輝きを出します。しかも、全くムラになりません。
基本的に私はこれでカウル類は拭いています。

クリーナー

アドバイスを有難うございます。
店からはプレクサスなら大丈夫と言われました。
DAYTONAの製品も試す価値有ですね♪
外装で一番心配しているのは飛び石です・・・


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://yumemio.blog.fc2.com/tb.php/238-4efb14a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

悪夢の日々 «  | BLOG TOP |  » ベッドの中に女が?!

プロフィール

tsutsui-s

Author:tsutsui-s
広島県在住。
複数の会社と店舗施設を経営。自分に出来ないことはない、という自信過剰ぎみの精神力を糧に、新しいものに挑戦し続ける中年です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
季節 (18)
プライベート (67)
震災と復興 (5)
ブログについて (9)
モノローグ (130)
バイク (63)
エッセイ (35)
仕事 (16)
趣味 (4)
妻の闘病記 (11)
政治・経済 (11)
家族 (5)
禁煙物語 (7)
入院日誌 (13)
自然災害 (1)
スポーツ (4)
カープ (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。