topimage

2017-07

スピード - 2013.11.06 Wed

 テレビから、※÷ΩξωΔ×○‥と意味不明の言葉が流れる。
我が家では家内が韓流ドラマを沢山録画しているのだが、本数が多いために
普通に再生して見ていたのでは全部見きれないためにいつも倍速再生で見ているのです。
それでなくても韓国人の会話は早くて日本語とはテンポが違う感じなのに倍速だと
なんだか宇宙人の会話のようでもある。
会話はどうせわからないので良いにしても、人の動きが倍速なのはとても滑稽である。
ちょうど、戦前の活動映画でも見ているような感じだ。
一時的に倍速で見るならまだしも、最初から最後まで、毎日何本も見ているから不思議だ。
 しかし、不思議なもので見慣れればそれなりに違和感を感じなくなってくる。
字幕を速読しなくてはいけないが、ストーリーも理解できるし、時間を得した気分になる。

 スピードというものは一体何が基準なのかはよくわからない。
このところ私の人生も早送りされているのではないか?と思うくらい1週間があっという間に
過ぎてしまう。
 思えば、昔に比べて色々なことがスピードアップされてきた。
全国くまなく高速道路が整備され、主要都市の殆どに新幹線が開通した現在、何処へ行くにも
短時間で行ける。列車で旅を楽しむようなゆっくりとした時間はスケジュールに織り込まれない。
欲しい情報はインターネットで瞬時に手に入り、話したい人とはいつでも携帯電話で会話ができる。
メールをすれば遅くとも翌日には返信がある。
かつて今のように情報通信技術が発達していない時代、手紙を書いて送って返事が届くまでは、
概ね1週間の日数をみていた。
郵便屋さんの「キーっ」という自転車のブレーキ音がすると、郵便物を取りに郵便受けに飛んで行った。
 
 あれっ?スピードアップしたことによって、私たちの1週間というのはより中身の濃いものになった
はず?それなのに、時間が早く感じるのはなぜなんでしょう?
 その理由はよくわかりません。ただ私なりの理由はあります。
それは「待つ」という時間が短くなったことで、時間を意識する間がなくなったから、無意識のうちに
時間が過ぎてしまって、気がつけば「もう1週間」過ぎた、となるのではないでしょうか?
殆どの欲しいものは、そこへ買いに行かずとも注文ができて数日後には手元に届く。
メールの返信を待つこともなく、言いたいこと、聞きたいことがあればいつでも電話をして話すことができる。
時間をかけて料理を作るのは時代遅れで、大抵の料理は電子レンジや電磁調理器で簡単調理ができる。
料理をしなくともお腹が空けば、いつでも直ぐに食べられるファーストフード店がどの街にもある。
私たちは「待つ」こと「待ち焦がれる」ことがとても少なくなったように思います。
待つときの時間というのはとても長く感じるもの、長く感じる時間が無くなったから時間が
早く過ぎ去っているように感じるのかもしれません。

 最近はやりの生活スタイルにスローライフと呼ばれるものがあります。
周りのスピードに歩調を合わせなくては生きていくのは難しい時代、スローライフって無理・・
そう思っていたが、最近は少しスローなものに意識が向き始めたような気がする。
文明社会において技術革新や生産量を上げることなどスピードアップは必須条件であるが、
それによってただ忙しいだけでは人生が無駄になる。
ゆっくりとした時間、環境を作り出さなくてはと痛切に思うこのごろです。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://yumemio.blog.fc2.com/tb.php/225-f54dfb26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

848evo 1000円カスタム No.1 【シート】 «  | BLOG TOP |  » 新しい仲間

プロフィール

tsutsui-s

Author:tsutsui-s
広島県在住。
複数の会社と店舗施設を経営。自分に出来ないことはない、という自信過剰ぎみの精神力を糧に、新しいものに挑戦し続ける中年です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
季節 (18)
プライベート (65)
震災と復興 (5)
ブログについて (8)
モノローグ (127)
バイク (63)
エッセイ (35)
仕事 (16)
趣味 (4)
妻の闘病記 (11)
政治・経済 (11)
家族 (4)
禁煙物語 (7)
入院日誌 (13)
自然災害 (1)
スポーツ (4)
カープ (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR