topimage

2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原爆の日に思うこと - 2013.08.06 Tue

 広島にとって毎年、8月6日は特別な日である。
日本は世界で唯一の原爆被爆国であり、広島は最初の被爆地である。
太平洋戦争を侵略戦争とされ日本は戦争責任を戦後世界から問われ続けてきた。
原爆投下は、その侵略戦争を終結させる最短で最善の手段として認識されており、
アメリカは謝罪をする気は全くない。

 日本は戦後謝罪をし続け、今やGDPで日本を抜いて世界2位となった中国にさえ
ODAをし続けている。アメリカの言いなりで国内に基地を置き続け、その地元や米軍に
対して膨大な財政支援をし続けている。

 日本はいじめられやすい国、国民性があるのかもしれない。
怒れば謝る、強いものに逆らわない、一方で負ければいさぎよく腹を切る。
謝罪をし続けても、謝罪は求めない。
一瞬で何十万人もの民間人の命を奪う原爆投下に対しても、謝罪を求める声は少ない。
私たちは、過去の過ちに踏みとどまっているだけではない。
謝罪を求めるのではなく、核兵器廃絶を求めているのだ。

 不思議なもので、核保有国は他国の保有を強く懸念する。
日本国内においても、政治ジャーナリストや軍事ジャーナリストの話の中で、
日本も核を保有すべきだと断言する人をよくテレビで見る。
核兵器こそ抑止力、抑止力によって均衡と平和が保たれるという。
それはとても危険な考え方だろうと思う。
アメリカ国民がなぜ銃を持つのか?というと、自主防衛と抑止力のためである。
ところが、銃による事件は後を絶たない。
コンビニ強盗が銃を持って押し入るから、コンビニの店長もカウンター内に銃を
隠し持っていて、強盗が押し入れば応戦する構えだ。
強盗であれば、強盗が銃を持っていようがいまいが、射殺しても正当防衛になる。
核兵器を世界の国々が保有すれば、それぞれがそれを使用する基準が異なるだろう。
万が一に備えて、としても、万に一回でも使用すれば世界は核戦争で破滅するだろう。

 平和という定義は難しい。
それは相手の上に立つことで平和を感じる人や国が居る限り、同じ定義はつくれないからだ。
 
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://yumemio.blog.fc2.com/tb.php/207-6dc57f6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

気にしない・忘れる «  | BLOG TOP |  » 花火見学ツーリング

プロフィール

tsutsui-s

Author:tsutsui-s
広島県在住。
複数の会社と店舗施設を経営。自分に出来ないことはない、という自信過剰ぎみの精神力を糧に、新しいものに挑戦し続ける中年です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
季節 (18)
プライベート (67)
震災と復興 (5)
ブログについて (9)
モノローグ (130)
バイク (63)
エッセイ (35)
仕事 (16)
趣味 (4)
妻の闘病記 (11)
政治・経済 (11)
家族 (5)
禁煙物語 (7)
入院日誌 (13)
自然災害 (1)
スポーツ (4)
カープ (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。