topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢・3題 ~ 溢れる・湧き出る・増える - 2013.02.14 Thu

 毎晩見ているだろう夢も朝目覚めるとすっかり忘れ去っているものだ。
しかし、印象の強い夢はその都度目が覚めて、「夢でよかった~」とか「なんだ、夢か~」と
ほっとしたり、がっかりしたりして記憶に刻まれることもある。

 さて、昨晩は3つの夢を見て、夢ごとに目覚めた。
どの夢も実にくだらない夢なのに、この3つの夢には全て共通していることがあって、
しっかりと脳裏に焼き付いてしまった。その共通点というのは「増えていく」ということ。
そのくだらない3つの夢・・・とは。

■ 夢1
トイレに行きたくなり私はトイレへと向かった。
便器の前に立ち蓋を開けると「あっ」と驚く。
そこには誰かが使用したまま流されていないウ○チが残っていた(笑
私は即座に水を流すためレバーを引いた。
いつものようにザーと水が流れてきたがウ○チは流れない?
それどころか、水かさが増えるのではなくてウ○チの量が増えている!
そこで再度水洗レバーを引いた。
すると更にウ○チの量が増えてきた。もう便器の淵いっぱいまで増えている。
やばい!なんでだ?と思いつつ、もう一度水洗レバーを引いた。
すると、遂に大量のウ○チが便器から溢れだした!
あぁ~どうすりゃいいんだ??と嘆きながら掃除をはじめた。
【ここで目覚める】

■ 夢2
私は夜行列車に乗っていた。行き先は何故か東京。
乗客の顔ぶれを見ると、車内には私の家内や従業員、それと昔の友人が居た。
何故か座席は仮眠が出来るように広いソファーベッドのような形状だった。
家内は通路を挟んで向かいの普通の座席に座って眠っていた。
私はソファーベッドで横になり眠っていた。
朝、目が覚めるとあたりは明るくもうすぐで東京に着く模様。
私はソファーベッドから起き上がった。
するとポケットに入れていた小銭がぽろぽろとベッドの上に落ちて転がった。
それを拾い始めポケットに入れるのだが、何故か拾っても拾ってもソファーの
隙間などから小銭が湧き出てくる。
すると「間もなく東京に到着いたします」とアナウンスが流れた。
急がなくてはと焦る間もなく電車はホームに到着してしまった。
家内や従業員や友人はみな私に気遣うこともなく下車していくが、
あっと言う間にドアが閉まり私は降りられない。
私は小銭拾いを続けるがきりがなく、ポケットいっぱいになり、胸ポケットにも入れた。
そしてあっという間に次の駅についたので、小銭を拾うのを諦めて降りようとしたが、
ドアは一瞬空いただけで直ぐに閉まり降りられなかった。
どうしよう・・・電車から降りられない・・・
私は、ドアの前に立ち、次の駅についた瞬間に電車から降りた。
ほっと胸をなでおろす。何故か今度は電車のドアはなかなか閉まらない。
すると運転席の窓から車掌さんが顔を出し、お客さん車内にカバンを忘れていますよ、と言った。
確かに!私は手ぶらで降りている・・・
直ぐに電車内に飛び乗りソファーの上のカバンを取ろうとしてしゃがんだ。
その瞬間、胸ポケットにいっぱい詰め込んだ小銭が落ちて通路にばらまかれた・・
しまった・・・と思いつつまた拾い始めた時、後方より「ブァ~ン」という大きな電車の警笛が聞こえた。
やばい!後方から電車が来ている。衝突するかもしれない。私は小銭を拾うのを諦め電車を飛び降りた。
東京というのにさびれた無人駅。人影もなく建物もない。
二駅乗り越しただけなのになんでこんな田舎なんだろう?
とにかく家内に連絡しなくては、と思い小銭だらけのポケットに手を入れる・・・携帯がない!
電車内に携帯を忘れた!小銭は山のようにあるのに辺りに公衆電話はない・・・
どうすりゃいいの・・・
【ここで目覚める】

■ 夢3
私は手荷物を持って大型貨物船に乗っていた。
乗客は他に見当たらない。
向かう先はどこかの島らしい。私の荷物は手荷物だけだったのに、何故か見るたびに増えている。
船内には車は一台も乗っていないが、その車置き場に私の荷物が置かれている。
船が港に近づくにつれて荷物の量が増えていく。
そして港に着いたときには、家一軒分くらいの量になっていた。
これ全部私の荷物??
車もなければ人も居ない。どう考えても降ろすことができない。
その山のような荷物の前で仁王立ちして眺めている私に向かって船長が言った。
「焦らんでもええよ、この港には30分ほど停泊してるからゆっくり降ろしていいよ」と。
たった30分??この荷物の量は1日かかっても降ろせるわけない。
私は小さな小荷物を一つ手にとって船を降りた。
桟橋で腕組みをして船に乗っている荷物の山を眺めていた。
【ここで目が覚める】

 3つ目の夢で朝起きた。
夢というのは現実の一部の投影でもあると思うが、いろいろ考えても思い当たることがない。
では未来の何かを示唆するものかも?予知夢とか正夢とか・・・
お金がいっぱい増えるとかならいいが、その可能性は少なそう。
逆に夢の内容からすると、苦労が増えるといった意味合いぽっい・・
しばらく、日常の出来事を監視して夢の意味を考えてみたいと思います。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://yumemio.blog.fc2.com/tb.php/161-053342ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

依存と自立と相互依存 «  | BLOG TOP |  » 大切なもの・必要なもの

プロフィール

tsutsui-s

Author:tsutsui-s
広島県在住。
複数の会社と店舗施設を経営。自分に出来ないことはない、という自信過剰ぎみの精神力を糧に、新しいものに挑戦し続ける中年です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
季節 (18)
プライベート (67)
震災と復興 (5)
ブログについて (9)
モノローグ (130)
バイク (63)
エッセイ (35)
仕事 (16)
趣味 (4)
妻の闘病記 (11)
政治・経済 (11)
家族 (5)
禁煙物語 (7)
入院日誌 (13)
自然災害 (1)
スポーツ (4)
カープ (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。