topimage

2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年の瀬に思うこと - 2012.12.16 Sun

澄んだ空に浮かぶ雲は、この時期は陽射しが弱いためかどことなくどす黒い。
街路樹は丸坊主にされ、山の木も落葉を終えてその姿を小さくして冬支度をしている。

 町では、お歳暮の配達にせわしい宅配のお兄さん、コートの襟を立て家路を急ぐお父さん、
年内引渡しに追われる建築現場の職人さん、忘年会で一年分の愚痴を吐露するサラリーマン、
この時期は、どことなく気ぜわしい、そして何故か物哀しい。
 
 そういえば、ここ最近クリスマスのネオンの飾り付けをする家が少なくなったように思う。
我家においても昔は庭の木にネオンをつけていたが、ここ数年は何もしていない。
年々季節感がなくなってくるのは、心にそれを楽しむ余裕がなくなったからだろうか?

 昔は年の瀬は、なんとなく緊張感が漂い少しウキウキもしたものだ。
新しい年に向けて、目標や希望を色々と描いていたように思う。
しかし、近年はものの考え方が大きく変わってきたように思う。
新たな目標を掲げるよりも、問題解決を考えることが多い。
棚上げされてきた問題を来年こそは少しでも整理しよう・・・といった考え方だ。
これはマイナス思考なのだろうか?ネガティブ思考なのだろうか?

 理想というのはどこか別の場所にあるものではなくて、時にはここにあるものかも知れない。
問題を解決し、無駄を省き、空想をやめた時、そこに理想の姿が現れるかもしれない。
そう思うのは歳の所為かもしれない。
より高い頂に立ちたいという願望もなくはないが、低くとも緑溢れる草原が眩しく見えることもある。

 こんな時代であっても、動けば幾らでも新しい仕事を生み出す自信はある。
しかしその度に、神経をすり減らし、時間を浪費し、自分を見失いそうなくらい精力を傾けるのは、
疲れる気がしてしまう。
確かに、それを成し遂げる喜びや達成感は大きい。
しかし、何か違う気がする・・・決して弱気ではなく、前向きに考えても違う気がする。
今あるものを大切にすることや、汚れを払い磨くこと、それらの方が大切に思える。
何処に幸せがあるのか?を問うのではなくて、何に幸せを求めるか?を自らに問うのです。 
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://yumemio.blog.fc2.com/tb.php/145-ef115d70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

新しい国つくり «  | BLOG TOP |  » 思いやりと思いあがり

プロフィール

tsutsui-s

Author:tsutsui-s
広島県在住。
複数の会社と店舗施設を経営。自分に出来ないことはない、という自信過剰ぎみの精神力を糧に、新しいものに挑戦し続ける中年です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
季節 (18)
プライベート (67)
震災と復興 (5)
ブログについて (9)
モノローグ (130)
バイク (63)
エッセイ (35)
仕事 (16)
趣味 (4)
妻の闘病記 (11)
政治・経済 (11)
家族 (5)
禁煙物語 (7)
入院日誌 (13)
自然災害 (1)
スポーツ (4)
カープ (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。