topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生は儚い・・? - 2012.12.07 Fri

 人の夢と書いて「儚い」と読ませるのはなんとも皮肉っぽい言葉だ。

 昨晩、私が住んでいる町の町内会長が亡くなった。
一人で部屋にいて突然の動脈瘤破裂を起こしたらしく、奥さんが発見した時には
既に息絶えていたらしい。
昨日の朝、私は町内会長が元気に歩いている姿を見かけた。
一昨日の朝には、家の前で見かけたので挨拶をして私は家を出た。

 元気だった人が突然亡くなると「人生は儚い」と思ってしまう。
町内会長は来春で会長職が10年になるので、10周年を機に引退するのが目標だったらしい。
世話好きで陰日向なく町民のために動いていた。
10周年という、ただ待っているだけで訪れる目標さえ達成できなかった。
そのことを考えても、なんとも「儚い」と思ってしまった。

 やはり人の夢とは儚いものか・・と思って「儚い」という語源について調べてみた。
すると、少しこの言葉を誤解していることに気がついた。
寝ている時に見る「夢」は全て、目覚めと共に消えてしまう。
つまり、人が見る夢のように目覚めによって一瞬にして消えてしまうようなことを「儚い」ということらしい。
人の夢が儚い、というのとは大きな違いがあるようだ。

 しかし、人生が長い夢の中、と考えると、あの世が私たちのもとの世界といえ、死は目覚めの瞬間である。
と、すればやはり「人生は儚い」といえるのかもしれない。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://yumemio.blog.fc2.com/tb.php/143-da47e132
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

思いやりと思いあがり «  | BLOG TOP |  » 自分の役目

プロフィール

tsutsui-s

Author:tsutsui-s
広島県在住。
複数の会社と店舗施設を経営。自分に出来ないことはない、という自信過剰ぎみの精神力を糧に、新しいものに挑戦し続ける中年です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
季節 (18)
プライベート (67)
震災と復興 (5)
ブログについて (9)
モノローグ (130)
バイク (63)
エッセイ (35)
仕事 (16)
趣味 (4)
妻の闘病記 (11)
政治・経済 (11)
家族 (5)
禁煙物語 (7)
入院日誌 (13)
自然災害 (1)
スポーツ (4)
カープ (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。