topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

晩秋の憂鬱 - 2012.11.18 Sun

 毎年、この時期は忙しい気がする。11月23日の勤労感謝の日になると「俺の日だ」と思いつつ、
いつも仕事をしている気がするからだ。かといって、他の時期も殆んど休むことなく働いている
わけだが、師走を控えたこの時期はやはり忙しい。
 進行中の工事物件が数件、業務委託の物件が数件、提案企画物件が数件、現在十件以上の物件
を同時進行で取り組んでいるが、どれも中途半端な状態だ。年内にはあらかた型をつけたいと思って
はいるが、そうもいきそうにない。
 年越しというのが暦上だけでなく、色々な事柄の一区切りであることから、精神的にも忙しく
なるのだろうと思う。役所の受付は年末には早く締め切ることも多い。手続き上、数日かかる案件
は、はなから年明けの受付となる。そうなると1月中旬まで結果が出ないことになる。
金融機関においても、資金繰りの融資は稟議の日数を勘案すると、12月初めには申し込まなくては
年内の資金調達は難しくなる。誰もが安心して新しい年を迎えたいことから、12月には色々な事柄
に決着をつけ準備をしたいと考えるのだ。

 そうしたこともあり、今の時期が必然的に忙しくなる。
なんだか時間だけが過ぎていき、何も片付かない気がして焦りと不安に陥りやすい。
誰もが忙しい時期であっても、夜の飲食店では酒を酌み交わす光景を多く目にする。
時折、酒が弱い私には羨ましく思えることがある。
たとえ一時であろうとも、いろんなことを忘れられる時間を与えられるのだろうから。
 そんなこともあり、昨年頃から少しずつアルコールを嗜むように試みてきた。冬は焼酎、夏はビール
を夜に少し飲む。しかし、あまり美味しいと思うことはなく、多少意識は朦朧とするが、いい気分とは
言い難い。お酒を飲む人は、美味しいから飲むのか?酔いたいから飲むのか?あるいはその両方か、
私には理解できそうにない。まあ、少しは飲めるようになったのは確かではある。

 いずれにせよ、あと一カ月とちょっと。酒の力を借りることはできないが、なんとか乗り切らねば。
何も憂うことなく新春を迎えお屠蘇を嗜む、そんな日がいつかは来るだろうと年寄りじみたことを
思う今日この頃である。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://yumemio.blog.fc2.com/tb.php/138-471062e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

どうなる日本経済 «  | BLOG TOP |  » 心に残るアーティスト

プロフィール

tsutsui-s

Author:tsutsui-s
広島県在住。
複数の会社と店舗施設を経営。自分に出来ないことはない、という自信過剰ぎみの精神力を糧に、新しいものに挑戦し続ける中年です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
季節 (18)
プライベート (67)
震災と復興 (5)
ブログについて (9)
モノローグ (130)
バイク (63)
エッセイ (35)
仕事 (16)
趣味 (4)
妻の闘病記 (11)
政治・経済 (11)
家族 (5)
禁煙物語 (7)
入院日誌 (13)
自然災害 (1)
スポーツ (4)
カープ (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。