topimage

2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拘り - 2011.04.16 Sat

最近、タバコが品不足となりやむなく他銘柄を買うこともある。
しかし、パッケージを見ただけで吸う気になれなくて1~2本吸うとそこらに投げてしまう。
タールの量の違いも含めれば数百銘柄はあると思われる種類の中から、たった一銘柄のみを
選び、それ以外は不味いと感じてしまう。これは「拘り」なのだろうか?

釣りをする人は竿に拘り、ゴルフをする人はクラブに拘る。
料理をする人は調味料や器に拘り、大工さんは道具に拘る。
多分、良い悪いだけの判断ではなく、自分が日頃から使用しているものに対しての拘りでは
ないかと思われるものが多い。
お酒の好きな人にしても、目を瞑って嗜めば銘柄まで言い当てる人は少ないというし、
タバコだって目を瞑って吸えば、それが3mgか5mgかなんてわからないだろう。
それでも、人は自分の拘りから開放されないのである。

この「拘り」というのは年齢と共に知識の積み重ねで養われるものと思っていたが、
どうもそうではないようなことを感じる。
昨日深夜、2歳になる孫娘が大泣きをしたらしい。
理由はいつも寝る時に手に持っているタオルが無かったためだ。
孫娘はタオルの端についているタグの部分を持っていつも寝る。
あのツルツルした感覚がいいらしい。しかし問題は、他のどんなタオルのタグも駄目で、
いつも持っているものだけしか受け入れられない。
そんなこともあり、何年も同じタオルを毎日離さず持っている。
当然ながら、薄汚れて汚くなるため、タイミングを見計らって洗濯しなくてはならない。
昨晩は孫娘が寝入ったところで母親がそのタオルを洗濯したのだ。
寝ぼけ眼でタオルを探る孫娘・・・ないことに気付き大泣きを始めた。

今までに殆ど同じと思われるタオルを与えても一切受け入れなかった。
この感覚の違いは、タバコで言うところの3mgと5mgの違いよりも僅かなものと思われる。
それでも、他のものは許されない。孫娘の拘りは強烈なのだ。

拘りというのは良い面もあれば悪い面もある。
私の場合、車に対する拘りはその後者かもしれない。
新車で購入しても純正で着いているタイヤとホイールが許せない。
だから、新車購入時にいつもタイヤ・ホイール交換をする。
自分の車だけならいいが、家内の車もいつも交換している。
なぜ新しいものを替えるのか?なぜ機能的に問題ないものを替えるのか?
いつも不思議がられ、少し不機嫌になりつつ、家内から問い詰められる。
返す言葉は「かっこいいから」しかないのだが、「かっこいいと思えない」
そう返されるとそれ以上返す言葉がない。

拘りというのは、他人に理解させるのは実に難しいものだと、諸所の出来事をみて
痛感するのである。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://yumemio.blog.fc2.com/tb.php/10-644a0cbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

DUCATIを買うまで・・ «  | BLOG TOP |  » 送別会

プロフィール

tsutsui-s

Author:tsutsui-s
広島県在住。
複数の会社と店舗施設を経営。自分に出来ないことはない、という自信過剰ぎみの精神力を糧に、新しいものに挑戦し続ける中年です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
季節 (18)
プライベート (67)
震災と復興 (5)
ブログについて (9)
モノローグ (130)
バイク (63)
エッセイ (35)
仕事 (16)
趣味 (4)
妻の闘病記 (11)
政治・経済 (11)
家族 (5)
禁煙物語 (7)
入院日誌 (13)
自然災害 (1)
スポーツ (4)
カープ (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。