topimage

2016-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神がかり - 2016.06.30 Thu

 昨日カープは実に32年ぶりとなる11連勝を記録した。
5連勝くらいまでは、すごいなぁ~、いいぞ!といった感じで見ていたが
その後は今日は負けるかも・・・なんて少し弱気な気持ちで見ていた。
しかし9連勝目くらいからは、なんだか負ける気がしなくなってきた。
 この11連勝のなかにはサヨナラ勝ちが4回もあり、昨日は黒田が満塁の走者一掃の
タイムリーツーベースを打つなど、とにかくびっくりするようなドラマが多すぎ!
なんだか単に調子がいいとか、運がいいとかじゃなくて、何か神がかり的なものさえ
感じる試合が多い気がしているのは私だけじゃないと思う。
ここで打つと凄いよねぇ~っていう場面で、大抵期待に応えて打ってくれる。
先制されても、なんだか不安はなく、大丈夫逆転するからっ、て思えてしまう。

 大瀬良、エルドレットが故障していても投打とも全く問題ない。
大瀬良、早く復帰したいだろうなぁ~
でも大瀬良のファンじゃない私にとっては、この流れを少しも変えたくないから
もう少し休んでて・・・って思うなぁ。

 とにかく負ける気がしない!
今日も勝つんだろうなって素直に思えてくるから不思議。
私は熱狂的なカープファンじゃないけれども嬉しい。
ファンの人たち、毎日おいしいビールを飲んでるんだろうね。
とにかく、今日もカープはきっと勝つ!
そうとしか思えない。
スポンサーサイト

髪の悩み - 2016.06.29 Wed

 今日、金融機関の方が来社した際に髪の話しになった。
まだ私より10歳以上若いその人は、このところの連日の雨が頭に染みるという?
どういうことだろう?と思って聞くと、ここ最近一気に髪が薄くなったという。
雨にあたると髪が抜けやすいというが、薄くなってくると雨が直接地肌にあたるので
薄くなったことを実感させられることも、雨が染みるという表現のようだ。
 私はこの歳になっても全く髪の量が減った様子はなく、この量が多いために
まとまりが悪く、寝ぐせもつきやすく、更にカットしても直ぐにボリュームが出てきて、
正直髪の量が多いことが昔から小さな悩みの一つだった。
だから美容院ではいまだに髪をすいてもらって量を減らしてもらっている。
しかし、この歳でそんなことを言うと叱られたり、恨まれたりしかねない。
我々の年代の人の多くが髪が薄くなってきたことに悩んでいるのだから。

 そういえば、髪の悩みというともう一つある。
それは白髪だ。昔から白髪は多めだったが最近特に増えたように思う。
2カ月に1度はヘアカラーをしているので周りの人はいつも黒髪でフサフサと思っている。
しかし、いつまでもヘアカラーし続けるのもどうなのだろう?と最近おもっいてる。
 先月、美容院でカットしたら、ヘアカラーをしばらくしていなかったこともあり、
多くの白髪がとても目立った。しかも、白髪の少ない部分もありなんとも見栄えが悪い。
全体的に霜降り状態ならそれもいいかなとは思い、そうした「まだら」にヘアカラーを
出来ないか?と美容師に聞いたら、それは難しいという。
なぜそんなことを望むのか?と、いったようなことを聞いてきたので、
「少しずつ白髪を見せるようにしてもいいかなって思って。
例えば、吉川晃司とかみたいにね。かっこいいじゃん」って言うと、
私はその時、何かを混同してしまっていることに気が付いた。そして、
「ああっ、吉川晃司の場合、白髪がかっこいいんじゃなくて吉川晃司がかっこいいから
白髪も似合うんだけどね」そう付け加えると、美容師さんとそばにいた店長が
大笑いした。つまり、その通りっていうことでしょう。
店長が、「筒井さんも白髪頭は十分かっこいいと思いますよ」と直ぐにフォロー(笑

 衣料品店の店先でマネキンの着ている洋服がとてもかっこいいと思っても、
自分の体型でその洋服がかっこいいかどうかは全く別問題。
それと同じく白髪(グレーヘアー)が似合うのかどうか?自分でもわからないが、
いずれにしてもいつまでもヘアカラーで黒髪にし続けるのもおかしいので少しずつ
白髪を出していくようにしようと思う。
とりあえず、リンスカラーでゆるく白髪を染めていくことにした。
まわりの人は気づくだろうか?
多分、何も気づかないだろうな。

キャンプツーリング(準備編-2) - 2016.06.27 Mon

 何かをする前の準備って楽しいものだ。
釣りに行く前夜は、いろいろなことを想定して仕掛けを何種類も作った。
釣り道具の整理をし、飲み物や食べ物のことまで考えて準備をする。
旅行へ行く前には、行程表を作り、食事は何を食べるかまで計画を立てた。
頭の中で想像や妄想が広がり、実行する前からいろいろと楽しめるものだ。
 
 さて、今回はキャンプツーリング。
キャンプもツーリングも過去に何度も経験はあるからいろいろと想定はしている。
しかし、キャンプツーリングは初体験。
持っていくものは全て把握しているが、バイクという条件で重要なのはパッキング。
かさばるテントやシェラフやマットは収納サイズがコンパクトなものをそろえた。
これらは絶対に必要なものだが、絶対に必要じゃないが欲しいものにテーブルがある。
テーブルはなくても食事はできるし、調理も出来なくはない。
しかしテーブルがあると、断然作業は楽だし、衛生的で料理もおいしく見える。
そこでコンパクトな折りたたみテーブルをいろいろと探したが、これといったものが見つからない。
折りたたみ椅子は椅子そのものが小さくてもさほど困らない。
しかしテーブルはあまり小さすぎると用を成さない。
かといって欲しいサイズのものはそれなりに大きくてなかなかパッキングに適さない。

 ということで、テーブルだけは購入を控えていた。
 そこで得意の工作をしようと考えた。
必要なものは、5.5mmのべニア 90cm×60cm 1枚 と小さな丁番4個
あと、塗装するならばオイルステンorニスorペンキ
べニアは在庫であったものを使いましたがホームセンターで購入するなら表面が
綺麗なシナべニアがおすすめ。90×60でも1000円程度で売っています。
塗装も在庫であったオイルステインを塗って、クリアのラッカースプレーで仕上げました。
結局買ったのは丁番のみ、400円くらい。

 まずべニアを30cm×37cmに4枚切断 角は全てRにカットしてペーパーかけします。
テーブル1

 なぜ30×37かというと、タナックスのシートバッグの底面サイズがこの寸法だから。
ようするにバックの底板も兼用しようというわけです。いろいろな形状の荷物を詰め込むと
底面がフラットにならずにバッグが安定しないこともあります。
しっかりとした底板があればバイクへの固定も安定感があります。
テーブル2

 同サイズの4枚の板のうち2枚は天板に使用し、2枚は脚部に使用します。
わかりにくいですが、カット図をべニアに書いています。
テーブル3

 それをミシンノコでカットします。
20年ほど前にホビー用として買っていたもので、動くか心配でしたが無事動きました。
ミシンノコがなくても糸引きノコあるいは引き回しノコでカット可能です。
テーブル4
 
 こんな形にカットします。
テーブル5
 
 それを組み立てると、こんな奇妙な形になります
これが脚部になります。重要なのは、写真ではわかりにくいですが上部の4個所の小さな突起部。
天板に溝の穴をあけ、この突起部に嵌めることで全体の強度が出ます。
テーブル6

 オイルステインを塗ってクリアラッカー仕上げした2枚の天板を丁番でつなぎます。
テーブル7

 天板をセットするとこんな感じになります。
37cm×60cmの天板サイズで高さは30cm 一人キャンプなら十分活躍してくれるサイズです。
このサイズなら5.5mm厚のべニアで十分な強度がありますが、4mm厚にすると少しグラグラしそうです。
テーブル8

 収納サイズは、30cm×37cm×約25mm(べニア×4+丁番)のサイズで
タナックすのシートバッグの底板として使用します。
テーブル9

 とまあ、準備は着々と進んでいます。
で、いつ?どこに?いくのか?という計画はいまだ全く立てていません・・・

EU離脱決定 - 2016.06.24 Fri

 先ほど、ついにイギリスの国民投票でEU離脱が決定したと報じられた。
日経平均は現在前日比1300円以上マイナスの15000円割れ。
為替も一時99円台という急激な円高に。
 このところの円高で輸出産業はかなりの痛手で下方修正する企業も多い。
地元マツダも前期は最高益で好調だったけれども、今期はこの円高が続くと厳しい。
大手企業の経営が悪化すれば株安になり負のスパイラルに陥りかねない。
イギリスのEU離脱が更に円高株安を加速するのだろう。

 最終的にはEU残留派の勝利と思っていた。
離脱してもメリットは少ない。離脱すれば移民・難民の受け入れを制限・拒否できるというが、
経済に及ぼす悪影響に比べるとメリットと言えるほどのものじゃないだろう。
 イギリスも景気が悪化しているなかで、何かを変えなければという思いが勝ったのだろう。
日本もかつて2009年に、景気が回復しないことから民主党に託してみるか、と思う民意が
勝利したように。
人間のある種特性なのでしょう。
引っ越しをすれば生活が変わると思い、職場を変わればやる気が変わると思う。
伴侶が悪いから人生が台無しだと離婚する人も多いが、結局おんなじ生き方している人が多い。
何か、ベースや土俵みたいなものが変われば良くなるとつい人は思ってしまう。
そうじゃなくて自分自身が変わらなければ何も変わらないのだけれども・・・
EU離脱派が同じ考えだとは言わないが、EUという土俵から降りて何かできるんでしょうね?

 まぁ、他所の国のことなので・・と言いたいところですが、日本経済への影響も少なくないこと
から、今後のイギリスと世界経済の動向には注視していかねばならないでしょう。
アベノミクスに更にブレーキがかかった感じです。いや、バックギヤに入ったかも(汗

 今日も一日中スマホの緊急速報が流れ、「ただちに避難所へ避難してください」って入って
くるし・・・気分の優れない週末だ。
今後、日本の景気は悪化するんでしょうかね??はぁ~~っ
こうなったらカープに優勝してもらって広島だけでも元気にならなくては!

避難って言われても - 2016.06.23 Thu

 私が住んでいる場所のすぐ東側には比較的大きな一級河川がある。
 本日未明に5回もスマホの緊急速報が鳴った。
とにかくこの緊急速報の音はびっくりするほど大きく必ず目が覚める。
内容は避難勧告である。
その川が氾濫の危険性が非常に高まったからただちに避難するようにとの指示。
少し離れた山沿いの地域では土砂災害の危険が極めてたかまっているとして
やはり避難勧告がでている。

 一昨日も同様に緊急速報が鳴って目が覚めたし、以前誤報で緊急速報が鳴ったり
したこともあり、結構慣れっこになってしまったため、速報じたいには驚かないが
目が覚めることは間違いない。
 今回は5回も速報が流され、さすがに3回目くらいには外に出て様子を見てみた。
住民が避難している様子は見受けられないし、川を見ても多少増水はしているものの
満潮時よりも水位はかなり低く、とても氾濫するとは思えない。

 一昨年前の大規模土砂災害の教訓からか、やたら避難勧告が多い気もする。
万が一の場合に備え、気象庁はとりあえず避難勧告を発令したという事実を残して
おきたいのだろうか?
 一昨年前の大規模土砂災害の際には住民の殆どは避難を開始していなかった。
しかし、それが多くの命を救ったことはあまり報道されないし注目されていない。
大量の土砂は道路を川のごとく流れていった。
もし、住民の多くがその道路を使って避難をしていたら・・・
 地震にしても同じく、避難すべきか留まるべきかは難しい。
一旦外にでれば人間は無防備になる。
建物の強度がそこそこあれば、川の氾濫だろうが、地震だろうが、土砂災害だろうが、
建物の中にとどまるべきと私は考えている。
東日本大震災の時のような大津波に関しては、時間がありと津波の予測がたつので
高台に避難するのが最善だとは思う。

 なにがなんでも避難勧告をだせばいい、というのは少し無責任で、
そして睡眠妨害でもある気がするけれども?・・・・どうだろうか。










キャンプツーリング(準備編-1) - 2016.06.22 Wed

 友人がよくキャンプツーリングに出かけていることを耳にし私も始めたくなった。
もともとアウトドアは好きで子供が小さいころはよくキャンプにも出かけていた。
ただ、バイクでのキャンプツーリングはバイク1に対して一人なので、仲間がいなければ
一人キャンプツーリングとなる。
そうなると、山の中で一人で一夜を過ごすことになりこれは無理だと想像がつく。
しかし、今のシーズンだと管理されたキャンプ場を使えば、他のキャンプも多いだろうから、
一人でもなんとかいけそうだ。

 ということで、あまり乗っていないモンスター696をツーリング仕様に変更していくことにした。
ちょうど年初に車検もして、ハンドルなどを標準仕様にもどしたところだ。
ハンドルは更に20mmアップできるアエラのスペーサーをかまして楽なポジションに変更した。
 キャンプツーリングで必須となる積載装備については、ヘプコ&ベッカーのパニアケースを取付。
IMG_1846.jpg
自分で取付をしたが、このステー696専用であるにも関わらず取説通りには取付できない。
後ろ側のステーを取説通りに取付ようとすると完全にウィンカーに干渉してしまう。
ひょっとすると日本仕様のバイクはウィンカーの位置などがヨーロッパ仕様と異なるのかも?
写真では左右のステーを逆にセットし、ウィーカーより後ろに固定した。
そのため、バックを固定するアームへの固定が2本のボルトで固定するところが1本のみとなった。
しかし、強度的には問題なさそうなのでこれでよしとした。

FullSize.jpg
 ドゥカティパフォーマンスのシートバッグもセットしたらこんな感じ。
それらしくはなったけれども、ヘプコ&ベッカーのパニア自体容量がそれほど大きくないうえ、
ドゥカティパフォーマンスのシートバッグもシート形状に合わせた専用品であるため
あまり容量が大きくない。
これではどう考えても、キャンプ用品のテントやシェラフやマットを収納できそうにはない。


 いろいろ考えたあげく、結局社外品のタナックのシートバッグを購入した。
実売価格1万円台前半であるにも関わらず、容量や構造、強度、などとても優れており
コストパフォーマンスがとても高いといえる。
写真は両サイドを縮めた状態で39Lだが、両サイドのファスナーを開けると10cmずつ伸びて
59Lの大容量になる。
これなら一人キャンプの道具は楽に積めそうだ。
IMG_2197.jpg

 で、いつ、どこに、行くのか?という計画は全く立ててない。
早く実行しないとシーズンが終わってしまう・・・・

ザル法 - 2016.06.13 Mon

 連日の舛添要一東京都知事の報道はもう見飽きました。
弁明・釈明会見や弁護士の会見など何を聞いても進展がないというかどれも一緒だ。
ようするに不適切であっても違法性がないということ。

 この違法性のいうところの法律が政治資金規正法だ。
政治家が政治家都合で作ったいわゆるザル法である。
何を規正するかというと、「規制」ではなく「規正」であることも言葉のあやというか、
制限するのではなく正すというニュアンスがそもそもゆるい感じがする。
では、どうやって正すのか?というと、収支報告をちゃんと出しましょう、ということ。
領収書をちゃんとつけて収支をだしてください、っていうだけで、使途については
ある意味なんにも「規制」がない!!。
だから、絵画を買おうが家族旅行へ行こうがこじつけで政治活動の一環だといえば
合法、つまり違法性はないことになる。

 民間人に課せられる税法とはえらい違いです。
自分たちで稼いだ会社のお金を使うにも厳しい制限があって、仕事上関係のないものに
使うと下手したら脱税とみなされ通常の税額より割増の重加算税を課せられます。
政治家が使うお金は自分で稼いだ金じゃない。国民の血税だ。
それなのに使用目的は自由で、あきらかに不適切なものであっても罰せられることもなく、
善人ぶって返金しますって言えばゆるされるゆる~い感じ。
 舛添氏は都民の信頼回復に全力を尽くすとして続投を表明し、身を切る決断として
給与カットを議会に提出するらしいが、やはりセコイ感じだ。
そんなに続けたいならせめて、任期を無給で続けますって言えば少しは違ったかも・・?

 舛添氏云々ではなく、そもそもこの政治資金規正法そのものを見直さなければ
政治家はいつになっても国民の信頼は得られないでしょうね。
これを機に、この法改正の見直しの機運が高まれば、舛添氏もある意味大きな役割を
果たすことができたといえるかもしれません。

他力本願 - 2016.06.01 Wed

 1カ月ほど前にテレビショッピングを見て衝動買いしてしまったものがある。
それはエクササイズダイエットマシーンのスレンダート●ン。

IMG_1834.jpg
 
 元国会議員の杉村太蔵がCMをやっているのでまんざら嘘でもないだろうと思った。
しかも、39日間は返品OKなんて強気なこうを言うし・・・
杉村太蔵は1カ月でウェストがマイナス17.6cmと!

 で、私はちょうど一カ月になるがマイナス1cm?  というか、全く変わらない。
今なら返品は可能だけれども、その気はない。
返品すれば結局負け犬だっていうことを認めるようなもの。
少なくともマイナス5cm以上、ズボンがゆるくなったと感じられるまで続けようと思う。
まぁ、続けることが努力といえるか?というと正直それはいえない。
お腹に巻いてスイッチを入れるだけの簡単エクササイズマシン。
お腹が気持悪いくらいにキュッキュッって動く。
楽してダイエットをしようなんて甘い動機で始めたから期待も薄い。
続けることを決めるにあたって、この商品の紹介ページを再度見てみた。
杉村太蔵他効果のあった人たちの紹介欄の下に小さく薄いグレーの文字を発見

適切な栄養管理も行った結果です。効果には個人差があります。

って!
つまり食事制限もした結果っていうこと??
そうですよね、何も努力せずにウエストを引き締めてダイエットをしようなんて
他力本願の極みのような考え方で良い結果は得られませんね。
今日からは少し食事にも気をつけながらこれを継続して
また1カ月後に結果を報告します。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

tsutsui-s

Author:tsutsui-s
広島県在住。
複数の会社と店舗施設を経営。自分に出来ないことはない、という自信過剰ぎみの精神力を糧に、新しいものに挑戦し続ける中年です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
季節 (18)
プライベート (60)
震災と復興 (5)
ブログについて (8)
モノローグ (123)
バイク (63)
エッセイ (35)
仕事 (15)
趣味 (4)
妻の闘病記 (11)
政治・経済 (11)
家族 (4)
禁煙物語 (7)
入院日誌 (13)
自然災害 (1)
スポーツ (4)
カープ (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。