topimage

2013-12

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終わりは始まりの前 - 2013.12.31 Tue

 気がつけば大晦日。もう一年が終わるなんて嘘のようです。
あっという間の1年も今日で終わり。なんだかさみしいような・・・
終わりと考えれば湿っぽいが、明日から新しい年の始まりでその前日と考えれば
前向きな感じがする。全ての終わりは新たな始まりの前夜だと思う。

 一年を振り返る時、いつも良かったことと悪かったことを思い返し、それを天秤にかける。
しかし、それが無駄だと知る。両者を重さという同一の単位で計ることはできないからだ。
良いことというのは重さがなくて飛行船のように宙を浮かんでいるものかもしれない。
悪かったことというのは重さというよりも、倒壊した壁がのしかかってくる圧力のようなものだったり、
八つ裂きにされる時の張力のようなものかもしれない。
 どちらが多く大きいかなどどうでも良い。
不運は降りかかってくることが多いが、幸運は降りかかってこないことが多いということ。
自ら楽しみを生み出し、幸せを作りだす。その努力をしていれば、多少の不運は乗り越えられる。
時間とチャンスは誰にでも平等にやってくる。
掴める人と掴めない人、意識して時間を過ごす人と無意識に時間を浪費する人、
その違いが、幸・不幸を分けると思う。

 この一年、苦しいことも多かったが、楽しいことも多かった。
多くの人にも出会った。
みなさん、本当にこの一年ありがとうございました。
スポンサーサイト

捨てる - 2013.12.30 Mon

 今月初めに「居るもの、要らない者」というタイトルでブログを書いたが
結局今年の年末は随分と物を整理して捨てた。人に差し上げたものも沢山ある。
必要な人にとっては価値があっても不要な人にとっては価値のないものが多い。

 しかし、自分の中でも必要なものと不要なものとの間には結構広い空間があるように思う。
将来必要になるかもしれないもの、思い出、記録、証拠、未使用品、プレゼント品・・・
捨てる際に心にちょっと戸惑いが起きてしまうこれらを、取りあえず置いておこうと思ってしまう。
そうなると、結局物があまり減らない・・

 人間は、最後は誰も全てを捨ててこの世から去らなくてはならない。
捨てられずに物への執着が強いのは、生への執着も強いのかもしれない。
 この冬、永遠の0を読み映画も見て私は改めて人の「生」について考えた。
大東亜戦争の実録の本も読んでみた。
戦時下にある軍人は誰もが命を惜しいとは言わない。
命は授かったものであり、同時に授けるものであると誰もが考える。
命を捨てるのではなく、授ける、だから生への執着がないのだろうか?
 
 そういえば、捨てなくてはいけないのに捨てていないものがある。
ああ・・どうするか、あと一日悩みます。

覚醒した夜 - 2013.12.28 Sat

 昨晩、いつものように睡眠導入剤を飲んだ。元来10~15分で眠気が来るらしいが、
私の場合は睡眠の1~1.5時間前くらいに飲まなくては薬の効果がない。
ということは、薬は効いていなくて単に眠くなって寝ているだけかもしれない。
そして、寝酒を少し飲む。お酒は好きではないし弱いので依存性は全くないが、
少し飲むと良く眠れる気がする。しかし、調べてみると睡眠導入剤+アルコールって良くないらしい。
まぁ、どんな薬もアルコールを飲んではいけないだろう。
チャンピクスも調べてみたら、禁酒することって書いてあった。あれっ?先生説明してくれたっけ?

 チャンピクスの副作用に普段と違う夢を見る、というのがある。
このところ妙な夢が続くのはやはり薬の所為か・・しかも寝酒まで飲むし、睡眠導入剤も飲むし・・
更に、実は、・・・抑うつ剤まで飲んでいる。こりゃ脳みそおかしくなるって・・
数か月前、なんだか呼吸が苦しくなる日が続いた。
それも、夜間横になって休んでいる時にだ。
運動をした後ならわかる。初期の肺気腫って言われているし、肺年齢66歳(汗)という結果も出てるので。
しかし、安静にしている時に呼吸がなんだか苦しくなる。
空気が足りないというか酸素が足りないというか・・・
そして、頭の中がモヤモヤでいっぱいになる。
まぁ、頭がモヤモヤすることは昔からよくあったし、しばらくすれば収まることはわかっていた。
しかし、今回は呼吸が辛く、何度も深呼吸をしながら、モヤモヤに苦しむ日々が続いた。
神経内科へ行くべきかな・・と考えていたのだが、それも気がすすまず、とりあえず掛かり付けの
Tクリニックへ行った。症状を話すと、「うつ病ですね」と簡単に言われた(汗。
「でも先生、呼吸が苦しいのは肺の機能の問題では?」と聞くと、うつ病でも呼吸が苦しくなることも
あるという。「とりあえず、抑うつ剤を暫く飲んでみますか」ということで処方してもらった。

 できるだけ薬に頼らない方がいい、という人も世の中にはいるが、楽になるなら薬は必要だと思う。
この抑うつ剤、飲んだその日から症状が出なくなり楽になった。
結局現在飲んでいる薬は、何年も飲んでいる胃酸抑制剤と睡眠導入剤に加え禁煙補助剤のチャンピクス、
そして抑うつ剤、それに昔から飲んでいるビタミン剤やサプリが6種類、そして肺が元気になるという
怪しい輸入物のサプリ?、それに養命酒(笑)、で最終的に寝酒、という日々。
身体にいいのか悪いのか良くわかりません。これだけ飲んでいたら薬だけで生きていけるんじゃないか?
って思えたりもする。取りあえず、今日からは寝酒は中止することにしようと思う。
薬の効果に悪影響しそうだし、ダイエットのためにも・・

 話が脱線したが、結局昨晩睡眠導入剤とお酒を飲んだのだが、1時間半ほどしてやっと眠りについた。
しかし、30分ほどで目が覚めてしまった。それから完全に脳が覚醒していることがわかった。
何度も眠ろうと布団にもぐりこむが全く眠気が来ない。
結局一睡もできないまま朝を迎えた。眠れないときには、一旦起き上がってお酒をちょっと飲んで、
煙草を吹かす、いったん仕切りなおして布団に入ると眠れることが多かった。
しかし、今は禁煙中・・・布団から出ると禁断症状が出そうで怖い。
朝までの時間、頭のなかはくだらない取りとめのない思考が渦巻いていた。
7時に早めの朝食をとった。チャンピクスを早く飲みたかったからだ。
効き目があるのかどうかさえわからないが、飲めば気持ち的に救われる気がするからだ。
こうして、4日目も苦しみつつ無事に迎えられた。

 睡眠導入剤は短時間で効果がなくなる。抑うつ剤もチャンピクスも副作用としては眠気もあるが、
不眠というのもある。脳に働きかける薬というのは、人によって効果も異なるのだろう。
 眠れない夜、頭の中に先日読んだ堀江貴文の「ゼロ」の中の言葉を思いだした。
誰もが最初に掛け算を考えるから失敗する。ゼロにどんな数字を掛けたってゼロだ。
掛け算じゃなくてまずゼロに1を足し算することからはじめなくてはいけない。
正にそうだ・・・
私の最初の禁煙目標は1週間でも1カ月でも1年でもない。1日だ。(例えがおかしいが・・)
1日クリアしたとき本当にうれしかった。人生初の1日だった。
そして次の目標は3日にした。
そして、今朝眠れない夜を苦しみつつクリアした。
たかが3日間って、笑われそうな話だが、私にとっての3日の壁は思った以上に高かった。
2日目は飲み会の席で耐え、昨晩は不眠の中で耐えた。
2回目標達成したので、今日挫折しても自分を責めまいと思っている。
3日間成功した実績は、次の挑戦の際、方法や状態を改善して実行できる経験になる。
最初から永久禁煙を目指すより、1日1日積み上げていくことのほうが大切じゃないか
堀江貴文の言葉からそれを痛感し、助けられたきがする。
ひょっとしたら、この本との出会いも必然的なものだったのかもしれない。
そして、抑うつ剤も必然だったのかもしれない。精神的に救われている気がする。

 そして今日は4日め、やはり頑張ってみることにする。次の目標は1週間。
なんとなく成り行きで始めた禁煙だが、日を追って決意も固くなってきた気がする。
しかし、日を追って精神的な禁断症状、習慣の崩壊の違和感、これらが強くなるばかりだ。
 それにしても・・・チャンピクス・・本当に何か効いているのかなぁ?

今年2つめの初体験 - 2013.12.27 Fri

 「痛てって・・」朝食のためパンをかじった瞬間、顎に痛みを感じた。
家内が「どうした?」と聞くので、
「昨日一日中ガムを噛んどいたけぇね・・」と言うとクスクスと笑った。

以下・・長文です・・

■3週間前■
 インフルエンザ予防接種のために掛かり付けのTクリニックへ行った。
個人病院で内科を主とするが大抵なんでも相談に乗ってくれる。
患者数は少ないから待たされることも殆んどない。
総合病院などへ行くと、受付して数時間待たされることはザラだ。
だから、予防接種や風邪やちょっとした検診などはこのTクリニックに行くことにしている。
先生とももう20年以上の付き合いだから、色々と便利なことは多い(詳細は書けないけれど)
 予防接種のついでに身体的なことで気になることを色々と聞いた。
そして、半年前に受けたペット検診の結果についても話した。
ペット検診では現在、ガンのリスクはないと言われたのだが、その他再検査項目が数個あった。
その中でも1カ月以内要精密検査項目が1つあった。しかも、主治医宛ての紹介状までついていた。
その中身はわかっていた。肺気腫の初期状態にあり禁煙外来を受診すること・・(こっそり中身を見た(汗)
しかし、忙しいことや色々あって放置していた。
その、色々の中には検査を受けると同時に禁煙外来受診もしなくてはならないからだ。
とても、タイミング的に禁煙をできそうにはなかったことが長期間放置に繋がった。
年内には総合病院で検査をしてもらおうと思いつつ、行けていなかったため
Tクリニックの先生に話しをちょっとした。
先生は簡単に、「じゃあ、薬を出すんで今から禁煙しますか」と言う。
舘ひろしが禁煙に成功したというお墨付きのファイザー製薬のチャンピクスだ。
「いや、先生、そうじゃなくてこのまま喫煙し続けたらどうなるのか?が心配で」と話題を変えた。
私は、禁煙外来を受診するなら専門がある総合病院で、と思っていたからだ。
すると先生は、「まぁ、肺気腫の初期なら大丈夫ですよ、治らないけどね、あまり吸わなければ
酸素ボンベが必要になることはないと思いますよ」と、曖昧で私にとってはある意味嬉しい言葉。
「じゃあ、本数を減らせばいいんですか?」と聞くと、
「まぁ、本数が多いより少ない方がリスクは少ないですよね」とまたしても曖昧なお答え・・
この先生はいつもこんな感じて、はっきりとどうすべきかを言わず患者の意思に任せる。
だから良い場合もあるけれど、不安になることも多い。
「ところで、その薬(チャンピクス)って本当に効くんですか?副作用がある人もいると聞くし、
眠気が来るから車の運転は出来ないと聞くし、効果がない人もいると言う話も聞くし、
成功率は結局のところ30%くらいっていうし・・・」と色々と質問をぶつけたら、
「大丈夫ですよ、煙草を吸いたくなくなりますから、努力することなく辞められますよ」と簡単に言う。
「吸いたくなくなるって、煙草が気持ち悪くなるとか不味くなるっていうことですか?」と聞くと、
「吸いたいとか吸いたくないとか私は吸ったことないからその気持ちはわかりません」との答え・・
「まぁ駄目だと思えば薬を中止すればいいし、試しにやってみては?」とまた中途半端な提案・・
「じゃぁ、ためしに薬飲んでみましょうか・・」と禁煙の強い決断がないまま答えた。
ただ、他の薬も処方してもらっていたこともあり、同時にチャンピクスを飲み始めるのはよくないので
1週間後に来てください。と言うことになった。

 こうして、全く強い意志や決断もないまま「お試し」的に禁煙に挑戦をすることになりました。
40年間(高校生の時からなので・・汗)喫煙し続けて一度も、一日も禁煙をした経験がない私にとって、
一日中といってもいいくらい、煙草に火がついている私にとって、そんなに簡単に禁煙ができるはずもない。
それでも、数年前自力で禁煙に挑戦してみたことがある。しかし、半日も持たなかった。
妄想や幻覚を覚えるほど禁断症状が出て、被害妄想で頭の中がいっぱいになり涙が出てくる。
ああ・・これはヤバイとさすがに自分でも思って、挑戦を中断した。

 1週間の間、特に何も考えることなく過ごした。いや、むしろ先生が肺気腫についてもそれほど
深刻にならなくていいみたいな話をしたので、安心して喫煙を続けた(苦笑
しかし1週間が経つとTクリニックに行きたくなくなった。まるで子供みたいな話だけれど・・・
ジリジリと伸ばしつつ結局10日後にTクリニックへ行った。

 薬の飲み方の説明を受ける。最初の1週間は身体を薬に慣らすためのインターバル期間。
薬の量も少なく、煙草は今まで通り吸っていいという。
普通は、この一週間の期間でも煙草が不味くなり禁煙開始する人も多いという。
「本当に大丈夫ですかねぇ・・・」と、全く薬頼り他力本願の私が尋ねると、
「大丈夫ですよ、そう言う薬ですから。脳に働きかけるから簡単にやめられますよ」と。
総合病院の禁煙外来を受診したら、喫煙による怖いビデオや写真を見されて、
色々と問診票を記入し同意書にサインをする。更に禁煙誓約書まで書かされるとか??
そういう儀式的手順を踏んだほうが決意も高まり成功率は高いのだろう。
だから、専門の禁煙外来を受診する予定だった。
しかし成り行き上、試しにやってみますか的なことで受けてしまった禁煙治療・・・
どう考えたって成功率低いだろ・・・と最初から思ってしまう。

 開始初日朝、ちょっと緊張しながら薬を飲む。
数時間経過しても眠気はないし吐き気などもない。副作用はなさそうだ。
ただ、薬を飲むと煙草の味が変わるなどと良く言われるが全く味は変わらない・・・
 4日目からは、朝晩0.5mgの2回服用となる。この時点で煙草の量が減ったり禁煙開始する人が
多いらしい。しかし、全く煙草の味は変わらず煙の臭いも同じで何がどう違うのかさっぱりわからない。
こんなことで8日目から禁煙が可能なのか・・・絶対無理だと感じる。

 そして8日目の朝、いつものようにコーヒーを飲み最後の1本(の予定)の煙草を吸う。
何も変わらない感覚、これが最後なんて考えられない。自然にやめられる??ありえない・・
そう思いつつ、禁煙開始の1mgの薬を飲む。
1時間もしないうちに「煙草吸いたい~~!」と思ってしまう。
そして目標の夕方までなんとか耐えた。えっ?何が目標って?
とりあえず、過去の記録の半日が私の中での目標でした(汗
とにかく一日中ガムを噛んで過ごす。口を動かしていなくては落ち着かない。
ただ、妄想や幻覚的なことはないことを考えると、これは薬が効いている証?
しかし、禁煙開始した今となっては、煙草が不味くなるという確認はできないままだ。
せめてこの「不味い」という感覚を知っておきたかった。
「美味い」という感覚しかないということは、何かのきっかけで求めてしまう理由になるからだ。

 夜もガムを噛み続け必死に耐えた。そして睡眠薬を飲んで早めに寝た。
そして記念すべき禁煙1日間成功!もう、これでいいだろうとまで思った(苦笑
食事をしようとしたら顎が痛い・・・ガムの噛みすぎかぁ~・・家内が笑っている。
そして、いつものようにコーヒーを飲む。
この瞬間耐えがたい苦悩・・・私の40年間の日常というのはモーニングコーヒー+煙草だ。
それによって一日がスタートする。しかし、コーヒーだけで我慢しろって言われても・・・

いや、だれにも強制はしていない。先生も試しに・・と言っていたし。過去の記録は達成したし。
なんか薬の効きはいまいちみたいだし・・・。だれからもおとがめはないし・・・
そんな他人からすれば極些細なことで苦悩しつつ朝を過ごし、私は一人ふてくされるように
リビングに行って横になり寝た。不思議と横になると煙草が欲しくなくなることを経験的に
知っていた。その理由はわからないが、だから寝たばこもしたことがない。
そしたら本当に寝てしまって、遅刻して会社に出社・・・
私の机の上にはいつものように灰皿が置いてある。
「今日から禁煙したから灰皿はいらない」って事務員さんにいえばいいのに、
今日にでも禁煙を解除するかもしれないと思っているから言えない(苦笑
せめて事務所内禁煙を掲げようか?なんて思ったが、それはおかしい。
なぜなら事務所内で煙草を吸っているのは私だけだから・・滑稽過ぎる。
もう限界・・・頭おかしくなる・・・煙草吸いたい!そう思いつつも絶える時間・・
実は、禁煙開始後も煙草は鞄に入れてありいつでも吸える状態にあった。
それを捨てれば少しは諦めがつくだろうに・・・捨てられない。
そして耐えられず、私はタバコもどき?に手を出した。
以前、煙草の本数を減らそうと考え買っていたNEO CEDARという医薬品の煙草もどき・・
いちようノドの薬らしい。煙が出るだけで味は全くない。
それを吸ってしまった。味がなく満足感は全然ないが、少しだけ気持ちが収まった。
習慣としての喫煙、コーヒーを飲みながら煙をふかす・・・という一連の行動の達成感というか・・

 しかし、試練はまだ続いた。この2日目は夜プライベートの忘年会がある。
メンバーは当初4名だった。私が知人W氏一人に声をかけたので5名になった。
それが大きな意味をもつことになった。
喫煙者はその私が声をかけたW氏一人のみだ。それと禁煙2日目の私・・・
私の目の前に座ったW氏はお酒が入ると回りの許可を得て煙草を取り出した・・・
私の目の前で煙草を吸い始めた・・・煙草の臭い・・・う~ん・・吸いたい!!
あれっ?煙草の臭い全然気持ち悪くないじゃん・・・やっぱり薬効いてないかも・・??
W氏は相当酒を飲んでいるようで、私が煙草を吸わないことに気が付かなかった。
更に他のメンバーも私が煙草を吸うことを知っているのに何も言わなかった。
せめて、それが救いだった。もし聞かれたら、「禁煙を始めた」と言わなきゃいけない。
禁煙開始したことはできるだけ誰にも知られたくない。
だって、お試しで始めたのでいつ解除するかわからない。
それなのに禁煙したなんてみんなに言うと、解除したあと脱落者と見られてしまう・・・

 そんな苦悩の2日間を乗りきって3日目の今日。
朝、コーヒーを飲まなかった。私を苦しめているのはニコチン中毒ではなくて喫煙の習慣だ。

コーヒーを飲みながら煙草を吸うひととき・・・
食事のあとの一服・・・
仕事をやりとげ一段落したときの休憩の一服・・・
考えあぐねて、必死に答えを導こうと脳みそを切り替えるために煙草に火をつける・・・
無我夢中で何かをやり終えて我に戻ったときの一服・・・
空をみながら、或いは海をみながら思いにふけつつ煙草の煙をくぐらす時間・・・
悔しさに、悲しさに耐えつつ気持ちを紛らすために煙草に火をつける・・・
本を一小節読み終えたあと、主人公や作者の思いに心を馳せるときの一服・・・

全て喫煙者の勝手な理由であることに違いないが、嗜好の一つといえばそうである。
日常の一つであり、区切りである。
だから、その日常を変えるしか方法がないのではないか?
コーヒーは極力飲まない。本も2冊買ってきたがまだ開いていない。
できるだけ、煙草に繋がる出来事を避けて日常をやり過ごす・・・
しかし、そこまでして禁煙する意味があるのか?とつい思ってしまう。

 今日、昼前Tクリニックに行った。
正月休みに入るため、次の2週間分の薬をもらっておくためだ。
「先生、薬が効いているとは思えないんですけれど・・・煙草が臭いとも思わないし、
吸わなくても平気とは思えないし、全ての出来事が解決しないまま中途半端な感じで
気持ちが落ち着きません、今朝もコーヒーが飲めませんでした。コーヒーと煙草は僕に
とってはワンセットなんです。だから飲めないんです・・・」そう話すと、
「う~ん、薬が効いていないのかなぁ~」とつぶやく。
「先生、禁断症状はないので薬は効いているといえるかもしれません。ただ、煙草を吸いたい気持ちは
全く変わりません。我慢できず昨日、薬局で売っているNEO CEDARを3本吸いました」
と正直に白状した。すると先生は、
「僕は、もともと煙草は吸ったことがないから吸う人の気持ちはわからないんですよね」
と・・・そうだった・・・これは最初にチェックすべき重要な点だった。
苦しんで禁煙に成功した先生だったら少しは理解してもらえたかもしれない。
「正直、続くかどうか・・心配で」と話すと、
「じゃあ、まずは禁煙開始の2週間はニコチンの中毒症状をなくすための期間なので
その間、習慣としての煙草はそのNEO CEDARで補ってみてはどうですか、
2週間経ったら、習慣を絶つためにそれも辞めるという計画で・・・」との提案。
あれ??そんなにゆる~い感じでいいの??と驚く。
まぁ、NEO CEDARを吸っても電子煙草を吸っても喫煙とは言わないよなぁ~
多分、身体に悪影響も殆んどないだろうし・・・ただ、ちょっと曖昧というか
抜け切れていないというか・・・

 Tクリニックの帰り道、ホームセンターに寄った。
煙草に手を出す前の防御のアイテムとして電子煙草を買うためだ。
お昼も回っておりお腹が空いていた。ホームセンターの敷地内にモスバーカーがある。
私はあまりハンバーカーは好きではなかった。私はパン系を主食にはしない人間なのだ。
しかし、他のお店に行くのも面倒なので、モスバーガーに入りカウンターで注文をした。
店員が気を利かせてか「灰皿は必要ですか?」と聞く。「いいえ!」と言い返すように答える。
せっかく煙草のことを忘れているのに、思い出させるな!と勝手に腹を立てる(笑
しばにくして、注文したフィッシュバーガーが運ばれてきた。
過去に何度も食べているので味はよく知っている。

いつものフィッシュバーガー・・・・

それを・・・

一かじり・・・

なっ?なんだ!この味は??

美味い!!

ハンバーガーがこんなに美味いと思ったのは間違いなくはじめてのことだ。
この店が特別に美味いのか?
そんなわけない。どのモスバーガーも同じ味のはず。
つまり・・・・
僕の味覚が変わったんだ!
ひょっとして、禁煙して3日目・・・煙草を辞めたら食べ物が美味しくなるってこのこと?
さっきの店員の「灰皿は必要ですか?」の言葉にいらついた自分を恥じるくらいに、
このモスバーガーに感謝したいくらい、美味しくハンバーガーを2つ平らげた。

 これは煙草をやめる一つの理由になるかもしれない・・・
が、これは間違いなく諸刃の剣・・・ダイエットも課題の私にとって、美味しいものを
沢山食べることを禁煙の理由にはできない。
とりあえず電子煙草を手にいれよう・・・ということでホームセンターへ入る。
カウンター横のラックに数種類の電子煙草があった。
そのひとつを買って車に持ち込んで早速ためしてみた。
電子煙草は煙じゃなくて水蒸気。最近のものは香りもちょっとついている。
しかし、プラスティックの重たい煙草風の胴体はどう考えても煙草の代用ではない。
2~3服して直ぐにしまい込んだ。

 こうして、3日目の夜を今迎えつつあります。
これは、多分連載しません・・
私にとって、3日間の禁煙という人生初の体験を書き残しておきたかったのです。
ここを読んでくれた人に対してだけの告白です(そんな大げさなものじゃないか・・)
タイトルの「今年2つめの初体験」というのは、1つ目はこの夏のサーキットデビューを
意味します。それは、ここ何年かの出来事で最も刺激的な出来事だったかもしれません。
そして2つめの初体験、禁煙挑戦も私にとってはある意味とても刺激的な出来事です。
この二つの初体験は今後どのような展開になるのか、私自身も全く予測がつきません。
自分のことなのにね・・・

ここまでの長文、読んでくれた方、ありがとうございます。
こうして文章を書いていると少しは気がまぎれたりして、つい長くなりました。
今日一日も、なんとか頑張ってみたいです。

壊れる - 2013.12.26 Thu

 最近よく持ち物が壊れる。
自負かもしれないが私は何でも物持ちがいいほうだと思っていた。
磨いたり、補修したりすることも好きだからかもしれない。
腕時計は多分何十年も前のものから20個くらいある。
電池切れで動かないが、どれもそれなりに綺麗だ。
携帯電話も買い替えの度に古いものを持ち帰っていたので一時は5~6個は常にあった。
どれも稼動品だったから、よく携帯が壊れた人に緊急用にさし上げた。
40年前のギターも、全く問題なく音程の狂いもない。
カメラも基本的に今まで使ったカメラは全部あるし、使用もできる。
ノートPCも今まで私個人が使ったものは全部ある。7台くらいかな?
それら、近いうちにみな処分しようと考えてはいるが・・できるかどうか?

 物持ちがいいはずなのに、このところやたら物を壊してしまう。
お気に入りのコンデジの液晶パネルを割ってしまったのでカメラ屋に持って行った。
修理代が12000円~20000円だという。
NIKONのCOOLPIX P300だが、後継機のP330がモデルチェンジ前で18800円まで
下がっているので、それを買われたらどうですか?とすすめられる。
そりゃさうだ。その事実も知っていた。でも直したかった。
今まで、壊れれば直す、そうやって長く物を持ってきたから・・・
しかし、今の電子機器類は壊れたら直せない、そして壊れたら直すよりも買い替えが得だ。

 迷ったあげく、結局P330を買うことにした。
しかし、壊れたP300はもちろん持ち帰った。
いつか、これに合う液晶パネルを手に入れて直してやる・・・そんなことを考えて・・
直しても使うことはないんだけれどね。
ただ、みんな長持ちしてもらいたいと思うだけなんだ。
人間はどんなに長持ちさせようと思っても、それは絶対にかなわないことだから。

悪夢の日々 - 2013.12.25 Wed

 悪夢とは、本当に寝てみる夢のことですが、以前にも書いたようにこのところ
毎日たくさんの夢を見て、それも苦しい夢が多く、目覚めがすっきりしません。

 今日はこんな夢をみました。
************************************
私はある南国の島に移住して住んでいます。
島でバカンスを楽しむ日々、ビーチで椅子に横たわっていました。
すると沖の方から沢山の船がこちらに向かってくるのが見えます。
船はビーチの砂浜に次々と乗り上げてきました。
よく見ると船から小さな生き物が沢山出てきています。
ピンポン玉くらいの小さな生き物は、行列をなして道を埋め尽くしました。
その生き物は歩いているうちにだんだんと大きくなります。
しかも形が人間に似てきます。
私は驚いて急ぎ足で家に帰りました。
あんなものが家にやって来ると大変だと思い玄関のドアを閉めて
カギをかけようとしたのですが、ドアが壊れてカギが掛からないことに
気が付きました。
そうこうしているうちに、その気持ち悪い生き物がやってきました。
指揮官らしき人が、私たちは宇宙から来たエイリアンだと告げた。
「ここまで歩いてくるなかで人間の情報を収集して人間とそっくりな形になった。
6人のエイリアンにここに住んでもらうことにする。
しかし、最終的にこの家で生活できるのは2人になる。
2人になるまで殺し合いを繰り返してくれ。」
そう言って6人の人間そっくりのエイリアンを置いていった。
エイリアンたちは台所などに行って包丁や棒など武器になるものを物色しはじめた。
私は額に汗をかきながらも、相手を殺すつもりはないが、家族を守らなくては・・・
そう思い、台所の引き出しから大きな牛刀を取り出した。
それを見てエイリアンたちはひるんだ。
かかってくるならかかってこい・・・長い牛刀を両手でしっかりと握った。
************************************
ここで目が覚めた。
まだ真っ暗だったので深夜なのだろう。
トイレに行きたくなり恐る恐るトイレへ行く。
ドアを開けたらエイリアンがいないだろうか?そんなことを考える。

冷静さを取り戻して夢を振り返った。
現実生活とリンクする部分は何も思い当たらない。
まあ、ストレスも悩みもそれなりにある。
それらの深層心理が夢になって表れるの?
とにかく毎日夢を見るけれども、悪い夢が大半だ。
こればかりは自分でコントロールはできない。
今年もあとわずか、悪夢も終わりにしてほしい。

848evo バッテリー交換 - 2013.12.23 Mon

 注文していたSHORAIバッテリーが入ったので848に取り付けることにした。
純正バッテリーが、YUASA YT12B-BS これに対するSHORAIの互換バッテリーは
LFX14A1-BS12かLFX18A1-BS12 となっている。
純正のYUASAが10Ahに対して互換は14Ahもしくは18Ahとなっている。
リチウムバッテリーの特性を生かして小型化・軽量化できることから、互換に関しては
リスクをみて純正よりも容量の大きいものを推奨しているようだ。
現在の私の848の問題点として始動性の悪さがあります。
大抵セル1発ではかからず、アクセルも煽りながらセルを回さなくてはいけません。
エンジンがかかってもアクセルを戻した瞬間にストールします。
気温が低いことも原因しているのかもしれませんが、そうしたこともありバッテリーは
容量の大きいLFX18A1-BS12のほうにしました。

左側サイドカウルを外すと直ぐにバッテリーが発見できます。
取り外しはバッテリーカバーの上部のポルトを1本外すだけでとても簡単。
848バッテリー1

外したバッテリーとSHORAIバッテリーを並べるとこんなに大きさが違います。
重量はYUASAが3.8kg SHORAIが1.038kgで約2.8kgの軽量化になります。
2.8kgってバイクにとってはとても大きな数値。マフラー交換なみの軽量化です。
更に14Ahにすれば851gという軽さ。しかし今回はパワー重視で18Ahタイプにしました。
848バッテリー2

まず、付属品のスポンジスペーサーを貼りつけて現在のバッテリーと同等の大きさにします。
スペーサーは沢山入っているのでかなり余りました。
848バッテリー3

そしてバッテリーケース部に収納。
ターミナルの位置が若干下がるのでケーブル位置の調整が必要です。
848バッテリー4

そして、キーオンしてみるとメーターパネルに表示されたバッテリー電圧は14.4v
確かいままでは12v台後半だったことを考えると、電圧もかなり高いことになる。
期待をしながらセルボタンを押してみると、快調にセルが回り1発始動!!
848バッテリー5


 実に簡単な作業で30分ほどで終わりました。
ショップに依頼すると、工賃、バイクの持ち込み引き取りの手間、などが必要。
自分で取替えしても大きな問題が起きないのがバッテリー交換。
リチウムバッテリーが純正品よりも少し高いだけで購入できるようになってきました。
自分で取替えすれば、ショップで純正バッテリ交換するよりも安上がりでしょう。
軽量化、ハイパワー、長寿命、これらを考えるとコストパフォーマンスはかなり高いと思う。

 まだ試乗はしていませんが、長年乗っているわけではない私にはその違いはわからないでしょう。
ただ、客観的に見て848の左側面は、片持ちスィングアームであることから、
大きなスィングアームや、スプロケ、チェーンなどを考えると左側面の方が絶対重いように思えます。
そこに更に4k近いバッテリーを積んでいるので更にバランスが悪いのでは?と思う。
まぁ、そのあたりは計算済みで設計しているから問題ないのでしょうが、
左側が3kg近く軽くなるというだけで、精神的にはバランスが取れたような安心感もあります。

 今年は随分とバイクのことを学び、カスタムも色々とやってきましたが、いったん年内はこれで
終わりです。多分、春までは週末には乗りもしないバイクをただ磨いているだけでしょう(^^

ベッドの中に女が?! - 2013.12.22 Sun

 深夜、熟睡していた私は何か違和感を感じて目が覚めた。
何か背中あたりに、プヨプヨというかモコモコというか・・・何かが当たる。
毛布や布団のゴワゴワではないみたいだし、隣に寝ている家内でもない。
そっと振り向くと・・・白装束姿の女性らしき物体??幽霊??
大声をあげようとしたけれど声も出ない!
金縛りか??
私は必死に逃げようとするが後ろから覆いかぶさってくる。
なんとかベッド脇の入り口のドアノブに手をかけてベッドから抜け出そうとしたが、
体が思うように動かず、その幽霊?に引き戻される。
そうだ!家内に助けてもらおう。
そう思った私は、隣で寝ている家内を足で蹴った。
しかし、足が思うように動かず、うまく蹴れない。
家内は起きる様子もない。
自分にたいして、冷静になれっ冷静になれっと言い聞かせる。
そして力を振り絞り家内の方に手を伸ばした。
指に何かが触れる感触があった。
それを必死に掴んだ。家内の手だ!
必死に揺さぶって起こす。
「うっ・・ん・・なに?・・ZZZZ」
寝ぼけ眼で私に聞いてきた。
「ゆっゆっ・・ゆ・う・れ・いが襲ってきた・・・」
命からがら、やっとの思いで言葉をはくと(金縛り中は声も出ない)
「幽霊なんかおらんよ・・ZZZZ」
と、あっさり否定され家内は寝てしまった(笑。
私はまた必死で、揺り起こして
「女の幽霊が襲ってきたんよ!」
って言うと、背中を向けて寝ていた家内が振り向いて、
「あぁ~、また怖い夢みたんじゃね」
と言って、私の背中をトントンと叩いた。
その瞬間、私は我に返った。

 あぁ~、夢だったんだろうか?金縛りだったんだろうか?
でも家内を必死に起こしたのは現実だし・・・
どこまでが夢でどこからが現実なのか??さっぱりわからない。
でも、本当に怖かった・・

 実は、ここ最近毎日のように奇妙な夢や怖い夢をみる。
そして昨日、夜のTV番組で幽霊の特番みたいなのをやっていて、
それをちょっと見てしまった。怖くて直ぐにチャンネルを変えたけれども
多分その記憶がまだ残っていたのかもしれない。
毎晩、奇妙な夢を見るのはちょっと心当たりもある。
ここ最近、ある薬を2種類飲み始めた。
今まで通り、胃薬と睡眠導入剤も飲んでいるので4種類の薬を飲んでいる。
追加した薬の副作用に、まれに眠気、幻覚、、妄想、悪夢などがあることもある、とあった。
そのうえで睡眠導入剤まで飲んでいるから、このところ10時間くらい普通に寝てしまう。
夢をみる量もとても多いし、それも奇妙な夢や怖い夢ばかり・・
昨夜のテレビ、薬、これらが原因であんな夢をみたのかもしれない。
 
 ここだけの話し、絶対に私は一人暮らしはできない。
ホテルなど同じ建物内に多くの人が寝泊まりしている場所ならなんとか寝れるが、
無人の建物内に一人で寝るなんて無理だ。
我が家でさえ、たまに一人で寝るときには怖いときがある。
だから大抵、電気とテレビをつけて寝る。

 そんなわけで、私の将来の不安はもし家内に先立たれて独居老人になってしまうこと。
家内にはどうか長生きしていただくように願うばかりだ。

 ところで、金縛りの原因や実態はいまだにはっきりとわかっていないようですが、
脳科学的、医学的なことは別として、生霊の仕業っていうことが昔からよく言われています。
と言うことは、昨夜襲ってきた女の霊は、私に密かに思いを寄せている女の霊かっ?
なんて、つまらない創造をしてしまう(笑
まぁ、極力他人に恨まれたり、妬まれたり、しないような生き方をしなくちゃいけないなっ、
と、昨日の悪夢から学びました。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

tsutsui-s

Author:tsutsui-s
広島県在住。
複数の会社と店舗施設を経営。自分に出来ないことはない、という自信過剰ぎみの精神力を糧に、新しいものに挑戦し続ける中年です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
季節 (18)
プライベート (60)
震災と復興 (5)
ブログについて (8)
モノローグ (123)
バイク (63)
エッセイ (35)
仕事 (15)
趣味 (4)
妻の闘病記 (11)
政治・経済 (11)
家族 (4)
禁煙物語 (7)
入院日誌 (13)
自然災害 (1)
スポーツ (4)
カープ (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。